峰山高原

概要

峰山高原は、暁晴山(1,077m)、峰山(1,038m)、夜鷹山(1,056m)の山々に囲まれたすり鉢状の広大な高原で、クヌギやナラの林、ササ原など高原らしい景観が広がっており、氷河期の周氷河作用により形成された、なだらかな地形が特徴となっています。 峰山高原ホテルリラクシアの敷地内にあるリラクシアの森は、映画「ノルウェイの森」の舞台となった幻想的な森。 小一時間の散策をお楽しみいただけます。 また標高が約930mで夏には避暑地として人気を集めています。

場所


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。