ひょうごの景観ビューポイント150選が決定

(画像・情報:兵庫県より)

ひょうごの景観ビューポイント150選

兵庫県には、これまで県民やまちづくり団体等により、守り育まれてきた美しいまちなみや豊かな自然など、人を引きつける魅力的な景観がたくさんあります。

このたび、県政150周年を記念して、素晴らしい景観を見ることができる絶好の場所「ビューポイント」をみなさんから募集し、インターネット投票や現地調査の結果等を踏まえ、景観審議会の審議を経て、150箇所を選定しました。(兵庫県より)

150選が選ばれるまで

(1)候補募集

931件の応募 (平成30年5月15日(火曜日)から6月29日(金曜日)まで)

(2)1次選考

ビューポイントの候補(総数931件)を対象に、景観審議会において厳正に1次選考した結果、241件をインターネットの投票対象に

(3)インターネット投票

合計23,699票の投票(平成30年9月18日(火曜日)から10月26日(金曜日)までインターネット投票を実施)

(4)2次(最終)選考

見る場所である「ビューポイント」という点から、安全に立ち入りができることや実際に応募写真どおりの景観が見えることなどを確認した上で、インターネット投票の結果等を参考に、「ひょうごの景観ビューポイント150選」が決定。

スポンサーリンク

神崎郡

神河町

中村・粟賀町地区の旧生野街道

<見えるもの>
農村集落の佇まいが残るまちなみ

<PRポイント>
神河町中村・粟賀町地区内を走る銀の馬車道沿いには、まだまだ古いまちなみが残っています。県の景観形成地区の指定。

砥峰高原の池付近

<見えるもの>
秋空と高原のススキ

<PRポイント>
ススキの中の青空、池に映る雲など、この季節、この場所でしかとれない一枚です!毎年、毎日違う景色を楽しめます。

峰山高原リゾートの第2リフト終点付近

<見えるもの>
暁晴山とゲレンデ

<PRポイント>
スキー場「峰山高原リゾート ホワイトピーク」のセンターコース及びマウンテンライン(第2リフト)の姿です。好天の日は遠く瀬戸内海の明石海峡大橋まで見渡すことができます。

市川町

浅野地区の尾根筋


<見えるもの>
清流市川と市川新橋周辺の集落風景

<PRポイント>
真ん中を流れる市川と東西を繋ぐ市川新橋を中心に、市川町の景色が堪能できる。

福崎町

春日山城跡

<見えるもの>
福崎の市街地

<PRポイント>
春日山城は、建武年間に築城され、播磨の守護赤松氏の幕下であった後藤三郎左衛門尉基明が初代城主として、現在の福崎町全域と姫路市、加西市の一部を統治していました。応仁の乱には、赤松政則の部下として出陣し、山名の軍勢を破って軍功を立てました。

もちむぎのやかた付近の道路わき

<見えるもの>
「河童のガジロウ」で有名な辻川山公園

<PRポイント>
辻川山公園の池の中には、柳田國男の著書「故郷七十年」に登場する河童をモチーフにした河次郎(ガジロウ)がいます。また、柳田國男の生家をはじめ歴史ある建物が目白押しの場所です。

姫路市

JR姫路駅前の展望台キャッスルビュー

<見えるもの>
大手前通りと姫路城

<PRポイント>
姫路城の世界遺産登録を記念して選定された姫路城十景のひとつ。

市立美術館前

<見えるもの>
美術館と姫路城

<PRポイント>
姫路城の世界遺産登録を記念して選定された姫路城十景のひとつ。

国登録文化財「芥田家住宅」前

<見えるもの>
旧野里街道の古いまちなみ

<PRポイント>
風情ある町家が立ち並ぶ通りです。灯籠を模した街頭や丸型ポストもまた昔懐かしい雰囲気を感じさせてくれます。

宍粟市

県景観形成重要建造物「本家門前屋」前

<見えるもの>
酒蔵通りのまちなみ

<PRポイント>
日本酒発祥の地「宍粟」において歴史ある酒蔵が並ぶ酒蔵通りは、昔懐かしい雰囲気を味わえます。

加西市

国登録文化財「水田家住宅」付近

<見えるもの>
旧丹波街道の古いまちなみ

<PRポイント>
北条は京都や大阪、姫路等への街道の中継地として栄え、この場所は江戸から昭和初期の民家が集積し、かつての繁栄をよく伝え、緩やかにカーブしながら続く景観が美しい。

西岸寺前

<見えるもの>
寺町通りのまちなみ

<PRポイント>
にぎわいのあった旧街道から一歩中に入ると、3 つのお寺が並んでいます。迷子になるような風情のある路地です。

鶉野町のため池

<見えるもの>
ため池越しに望む善防山

<PRポイント>
加西市には溜め池が数多く点在していますが、その中でも穴場のスポットから善防山を撮影しました。高原にいるのかと錯覚するような景色を楽しんで頂けます。

多可郡多可町

岩座神公会堂付近

<見えるもの>
反りが美しい棚田の石積みと集落風景

<PRポイント>
寺勾配の反りの美しさと農作業の足場となる荷重(にんじゅう:石積みから突き出た飛び石)の置かれた石積みを仰観できる棚田風景はここ岩座神だけのビューポイント。

朝来市

鉱石の道神子畑ステイション

<見えるもの>
明延鉱山の神子畑選鉱場跡

<PRポイント>
明延鉱山の鉱石を選鉱する大規模な選鉱場の跡地。現在は、建屋は解体され、基礎部分のみが残るのみとなりましたが、日本の近代化に貢献した産業遺産として注目を集めています。

姫宮神社手前の姫宮橋

<見えるもの>
生野銀山のトロッコ道

<PRポイント>
日本遺産認定の「鉱石の道」の構成文化財でもあるトロッコ軌道。当時は鉱山労働者はとても賃金が高く、全国から労働者が集まり、すごく活気があった地区だそうです。

奥銀谷の国道 429 号付近の市道わき

<見えるもの>
旧鉱山町のまちなみ

<PRポイント>
生野銀山の鉱山町だった奥銀谷のまちなみです。この道路に沿って昔からの建物があります。口銀谷地区など周辺地区とともに国の重要文化的景観に選定されています。

JR竹田駅裏の虎臥城公園付近

<見えるもの>
竹田城下町の寺町通り

<PRポイント>
竹田城跡の麓にある寺町通りは 4 つの寺が並ぶ風情ある通りです。歴代の竹田城主に関連する供養塔や江戸時代に造られた石橋群など竹田の歴史を感じる通りとなっています。

矢名瀬の旧山陰道わき

<見えるもの>
旧宿場町のまちなみ

<PRポイント>
矢名瀬は昔、旧山陰道の宿場町でした。現在の幹線道路である国道 9 号はまちの外側を通っているので、まちの内側には歴史的なまちなみが残っています。

立雲峡第一展望台

<見えるもの>
雲海に浮かぶ「天空の城」竹田城跡

<PRポイント>
竹田城跡を遠方から見ることができ、雲海に包まれた城跡は、まさに「天空の城」。雲海は刻一刻と姿を変えるため同じ景色はほとんどなく、見る者を飽きさせません。

竹田城跡天守台

<見えるもの>
城跡と山と川に挟まれた竹田城下町

<PRポイント>
建物の多くが黒い瓦で統一されたまちなみが一望できる。

ホームページ制作・運用サポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です