市川町怪和譚 第七夜 | 倍得稲荷

(画像・情報:市川町観光協会さんより)

ぶらり市川133P

『昔、小さなお稲荷さんの祠を背負った男が、瀬加の谷へやってきました。「このお稲荷さんは『倍得稲荷さん』と言って、お供えをすると必ず明くる朝には倍になって戻ってくるという、ありがたいお稲荷さんだ」と言いました。
初めは誰も信じませんでしたが、ある人がそれでも…と1銭だけそぉーっと供えてみたところ、明くる朝には2銭になっていました。ほかの人たちもまねして、2銭、3銭と供えました。すると、みんな倍になって戻ってきました。
その話を聞いた欲深い男が、1円を供えてみました。明くる朝には2円になっていました。喜んだ欲深男は今度は10円を供えました。でも、次の日の朝早くいってみると、お供えした10円どころかあの祠さえ見当たらず、男もろ共どろんしてどこにもいなかったそうです。』

怖っわ…めちゃくちゃよく聞くベッタベタな詐欺ですね…(*゚Д゚)でもこれ、信じる方も信じる方だぞ…!『絶対もうかる上手い話があるんやけど~~』って言ってくる人がなんで自分でしないのかってヤツと一緒だぞぅ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です