ぬらりひょんの棲む家|SNSで話題沸騰のサイコスリラーが映像化

ぬらりひょんの棲む家|SNSで話題沸騰のサイコスリラーが映像化

e-Storyサービス「peep(ピープ)」を手がける、taskey株式会社は、2020年9月4日(金)に動画とテキストで構成されたシネマコンテンツの第13弾『ぬらりひょんの棲む家』(監督:WAKU、脚本:大城密)を公開。

主演は長江崚行が務め、また、昨年「peep」でシネマコンテンツ『記憶にない家族』にも出演した野々村真を父に持つ香音も出演。

ぬらりひょんの棲む家

2018年7月にe-Storyサービス「peep」上で公開された作品である「ぬらりひょんの棲む家」。

“久しぶりに帰省した実家が謎の男に洗脳されていた”というサイコスリラー作品で、アプリ内でも人気を集める作品でしたが、昨年秋頃より、SNS上で「胸にくる」「どんでん返しがすごい」と若い世代を中心に話題となり、今回映像と小説を組み合わせた「シネマコンテンツ」としてリバイバル制作し、公開が決定しました。

概要

配信日 2020年9月4日(金)12:00頃~
出演 和宏役:長江崚行
美月役:香音
義男役:若林幸樹
加奈子役:金子路代
祥子役:明星真由美
沼尻役:田山涼成
公開URL https://peep.jp/stories/AXsZ4JEelauoIXaQ

あらすじ

不眠症により体調不良になっている心理学を専攻している大学生の小山田和宏。医者の勧めもあり、彼は夏休みを利用して実家で療養しようと考えた。しかしそのことを両親に告げると不審な反応をされる。和宏が実家に帰るといるはずの祖父母の姿が見えない。和宏が両親にそのことを聞くと両親は再び不審な反応を示す。和宏は家族の異変に気づくが、一番の変化は見知らぬ「夫婦」が実家に住み着いていることだった……。

e-Storyサービス「peep」

サービス開始日 2017年12月4日
対応端末 iOS/Android
URL Web版URL:https://peep.jp
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/id1271282207
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.peep.app
コンテンツ ホラー、恋愛ジャンルを中心としたチャット型UI小説のe-Story
イラストを活用したチャット型UI漫画「タップコミック」
動画+テキストの新しい読み物「シネマコンテンツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。