メンバーになって投稿してみよう!

【火の用心】消防庁、「戦国無双5」とタイアップした火災予防ポスター制作

【火の用心】消防庁、「戦国無双5」とタイアップした火災予防ポスター制作
ニュース

総務省消防庁は、株式会社コーエーテクモゲームスより、6月24日(木)に発売されるゲームソフト「戦国無双5」とタイアップし、住宅用火災警報器の設置・維持管理広報ポスターと火災予防広報ポスターを制作。

住宅用火災警報器の設置・維持管理の促進や火災予防の啓発が目的でタイアップポスターは2種各2万5千枚、合計5万枚作成され、2021年6月19日(土)より、各都道府県庁や全国の消防施設など約800か所以上の施設で掲示されます。

今回のコラボで横田消防庁長官は「これまで消防庁がアプローチしてきた層だけではなく、ポップカルチャーに興味を持つ層に対しても、今までとは違った切り口で火災予防に関して知っていいただく良い機会になる」とコメント。

ポスターのデザイン

ポスターのデザインは焼き討ちで有名な「本能寺の変」に関わる信長と光秀が“火の用心”を呼びかけるというデザイン。

コーエーテクモの鯉沼プロデューサーは「ある意味攻めたデザインになっていますが、快く受け入れていただいた消防庁様には感謝」とコメント。

「いつの世も 火種は己の すぐそばに」

「火の用心」について標語募集キャンペーンが開催され、一般公募により約700作品の中から選ばれた「いつの世も 火種は己の すぐそばに」(標語考案者:Nate)

「あの時に あればよかった 警報器」

織田信長が手に火災警報器を持ち「あの時に あればよかった 警報器」

住宅用火災警報器の設置・維持管理の促進や火災予防の啓発

住宅用火災警報器の設置は、平成18年6月に新築住宅で義務化され、既存住宅では平成23年6月までに義務化されています。

2021年6月に全ての住宅で義務化から10年を迎え、電池切れや故障等により火災時に適切に作動しなくなることが懸念されていることから、住宅用火災警報器の設置・交換を促進する「あの時に あればよかった 警報器」と 一般公募により約700作品の中から選ばれた「いつの世も火種は己のすぐそばに」を標語に「戦国無双5」の登場キャラクターを起用したポスターにより、住宅用火災警報器の設置・維持管理の促進や火災予防の啓発を図ります。(消防庁)

0

※最新情報は商品・サービスの販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出典元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

メール会員募集
いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました