地域とトレンドをつなぐ情報サイト|いいものタウン

【市川町】播但線の父「内藤利八」没後100年記念切手が販売開始

甘地駅前公園

市川町は内藤利八没後100年事業として、市川町の偉人 内藤利八氏の記念切手を作成。

記念切手は限定800枚(1種類 400枚)で6月14日(月)から市川町役場3階、企画政策課で販売されます。

スポンサーリンク

内藤利八 氏

1856年(安政3年)に市川町(当時:川辺村)に生まれ、播但鉄道(現:JR播但線)の敷設に尽力しました。

甘地駅

播但線 甘地駅(市川町)

甘地駅前にある甘地駅前公園※トップ画像(神崎郡市川町甘地769-10)には姫路市在住の版画家、岩田健三郎氏の制作による、版画を展示してあり、内藤利八氏の功績をたたえた顕彰碑、説明看板が設置されています。

記念切手にも公園、版画が登場。

内藤利八没後100年「記念切手」

販売場所市川町役場 3階 企画政策課
種  類2種類
販売金額1種類 420円(84円×5枚)

デザインA

デザインB

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントは一般公開されます。メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能です。
※個人情報の記入はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました