伝統行事"きつねがえり"|神河町作畑地区

伝統行事 狐がえり|神河町作畑区

狐がえり

神河町作畑区で行われる狐がえり(きつねがえり)は「狐狩り(きつねがり)」「狐どんど」とも言われ、小正月の前夜に行う狐に象徴される害獣を地区から追い出し副を招く行事で兵庫県、京都府、福井県、鳥取県などにかけて分布しています。

作畑区では1月14日の夜の神事の後、御幣を竹につけたものを持ち、「わりやなに候」「若宮の祭りとて狐帰り候」・・・と言葉を唱え、爆竹を鳴らし地区の境まで狐を追い払う「狐がえり」が行われます。

スポンサーリンク

神河町作畑

きつねがえり

伝統行事"きつねがえり"|神河町作畑地区

伝統行事"きつねがえり"|神河町作畑地区

病気や災いをきつねに見立て、爆竹を鳴らしたり大きな声で歌を歌いながら山に追い払う行事。初めての爆竹におっかなびっくりな留学生でしたが、大きな声で歌い歩きました。


(画像・情報:山村留学 神河やまびこ学園さんより)


協賛企業募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。