身近な話題を投稿してみよう!

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

AQUARIUM×ART átoa(以下アトア)にて、開業以来初の大規模リニューアルとなる『átoa LAB(アトア ラボ)』が2024年3月8日(金)にオープン。

同日よりオープニング特別企画展「荒俣宏監修 アラマタ流「水族館学のススメ」を開催するとともに、3月9日(土)には海洋生物や水族館にも造詣が深い荒俣宏氏をスペシャルゲストに迎え、1日限りの「特別トークライブイベント」が開催されます(参加受付中)。
『átoa LAB』は、約2,500冊の書籍を中心に、生きものの標本や映像、テラリウム展示等を織り交ぜ、アートや芸術的要素も共存するアトアならではの『知的好奇心を刺激するアートな空間』となっています。

リニューアルするFOYER(ホワイエ)ゾーンは、サブゾーン名「探求の室」が表すとおり、アトアの中でも特に「知的好奇心を刺激する(学び)」をテーマにしたゾーンです。「知識の源」でもある書籍を通して、来館者自身が気になる書籍を手に取り、興味の扉を開く「能動的な観覧」につながることを期待しています。

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン
「átoa LAB」の展示イメージ

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

2,500冊の中から気になる書籍を自由に読める

「átoa LAB」の展示内容と概要(一部)

1.進化の軌跡をたどる「系統樹」

魚類の分岐年代や系統関係を樹枝状で表した「系統樹」を床一面に配置。形状が異なるけれど実は近縁関係だったり、どの時代に分岐してきたのかなど、美しいだけでなく、魚類の近縁・類縁関係について視覚的に伝え、新たな発見や自己探求心を刺激します。

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン
生物の進化を表した「系統樹」|Near et al. 2013. PNAS. 110 (31): 12738-12743.

2.心落ち着く書棚の隠れ家「フォトスポット」

天井まで届く書棚に囲まれる空間に突如として現れる小さなスペース。ここでは座って好きな本を読んだり、写真を撮ったり、人それぞれの楽しみ方で過ごすことができる、まるで隠れ家のようなフォトスポットです。 その他、実際に本を読む際にご利用いただける書棚と一体型のベンチスポットも新設されました。

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン
どこか落ち着く隠れ家のような「フォトスポット」

3.7つのテーマでカテゴライズされた書棚群

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

FOYERのフロアマップイメージ

『átoa LAB』には、図鑑や美しい写真集から小説、絵本、などバラエティに富んだ約2,500冊の書籍を独自のテーマでカテゴライズし配架されています。一見、分野が違うように思える書籍が隣り合っていることで、思わぬ本との出逢いが生まれるかもしれません。
また、テーマによって配架を変更する「企画・特集」エリアを用意し、随時企画展の開催も予定とのこと。

átoa LABオープニング特別企画【水族館学のススメ】開催

『átoa LAB』初の企画展は、海洋生物や水族館にも造詣が深い荒俣宏氏監修 アラマタ流「水族館学のススメ」です。荒俣宏氏が執筆・監修した図鑑や読み物はもちろん、水族館にまつわる書籍など荒俣氏が保有する貴重な資料が特別に展示されます。

開催期間2024年3月8日(金)~5月6日(月)

展示資料(一部)

日本の美しい魚類図鑑(20世紀前半/多色刷り木版画)から

・大野麦風 大日本魚類誌(原画) 等

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

△大野麦風 大日本魚類誌(原画)

木版画で作られた最高最大の魚譜。画家大野麦風は、大阪と兵庫に造られた近代水族館で海の魚に魅せられ、潜水艦にまで乗って描いた錦絵の図鑑を刊行した。こんな図鑑は、今はもう作れない。

世界四大美魚譜から

・ブロッホ 魚類譜(18世紀後半/手彩色銅版画) 等

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

△ブロッホ 魚類譜(18世紀後半/手彩色銅版画)

欧州で最初の、実物標本をもとに描かれた学術的な図鑑。リンネが提案した学名も採用され、日本産の魚も収録されている。

“アクアリウム”の語を初めて用いたフィリップ・ヘンリー・ゴッスの著書 から

・ゴッスがお気に入りだったイソギンチャクの図譜 等

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

ゴッスがお気に入りだったイソギンチャクの図譜

ダーウィンも進化論研究のためにフジツボ類を飼うため、ゴッスに教示をもとめたという決定的な本。
ゴッスがお気に入りだったイソギンチャクの図譜。原図はゴッス自身が描いている。

日本の水族館資料 から

・入館チケット(堺水族館、湊川水族館、神戸市立須磨水族館、明石市立水族館) 等

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン

日本の水族館資料(入館チケット)の展示イメージ

荒俣宏氏 トークイベント

アトアが大規模リニューアル。見渡す限りの本に囲まれた空間『átoa LAB』がオープン
荒俣宏氏をスペシャルゲストに迎え、1日限りの「特別トークライブイベント」が開催。
当日は、荒俣氏が思い描く水族館の姿や自身と海洋生物との逸話など、博学多識な荒俣氏ならではの切り口でユーモア溢れるトークがお楽しみいただけます。

開催日時2024年3月9日(土)19:30~(約60分)
受付開始:19時
開催場所アトア 3階FOYER
参加方法アトア公式WEBサイトチケット購入ページ
料金4,000円(税込)

※入館料込み
※参加者は当日に限り再入場可能

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました