身近な話題を投稿してみよう!

【アトア初開催】2024年の干支展「辰にまつわる魚たち」がスタート

【アトア初開催】2024年の干支展「辰にまつわる魚たち」がスタート

神戸市中央区のAQUARIUM×ART átoa(以下、「アトア」)では、2023年12月27日(水)より、アトア初となる「辰にまつわる魚たち」の干支展が開催中。

展示では、2024年の干支である「辰」に因んだ生物たちが特別に展示され、解説パネルやコラムでその生物と竜との関係や由来が紹介されています。

辰にまつわる魚たち展

【アトア初開催】2024年の干支展「辰にまつわる魚たち」がスタート

展示期間2023年12月27日(水)~2024年1月28日(日)
展示場所アトア3階 FOYER
観覧料無料 ※アトア入場料が必要です

展示生物

※生物の状態により予告なく展示が終了する場合がございます。予めご了承ください。

ニシキゴイ

【アトア初開催】2024年の干支展「辰にまつわる魚たち」がスタート

伝説に登場する鯉が龍に変わるとされるニシキゴイが展示されています。

古代中国で鯉が龍門の急流を登り切ると竜になるという伝説があります。ことわざの登龍門はこの伝説に由来します。

穂竜(ホリュウ)

【アトア初開催】2024年の干支展「辰にまつわる魚たち」がスタート

兵庫県赤穂市で作出された竜の目を持つ金魚「穂竜」が展示されています。

穂竜の竜は、中国では出目の金魚のことを「龍睛/龙睛」と表され、竜の目という意味があります。水族館での展示例が少ない品種です。

ハマグリ

【アトア初開催】2024年の干支展「辰にまつわる魚たち」がスタート

古代中国の伝説にちなんだ竜の仲間とされるハマグリが展示されています。

古代中国では蜃気楼という現象は、蜃(しん)と呼ばれる竜の仲間、または大きなハマグリが気を吐いて楼閣の幻を生じさせると考えられていた事にちなんでいます。

AQUARIUM×ART átoa

【神戸市】アートといきものたちが融合する新感覚水族館“átoa(アトア)”が10月29日オープン

所在地〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町7番2号
営業時間10:00~20:00(最終入場 19:00)
入場料大人(中学生以上)2,400円、小学生1,400円、幼児(3歳以上)800円、3歳未満無料
※来場日の1か月前からチケットの予約・購入が可能。
※入場後の滞在時間に制限はなし。再入場不可。

※貸切等により営業時間が変更になる場合があります。来場前にホームページで最新情報をご確認ください。

 

COMMENT

マツモト自動車
協賛企業募集中
タイトルとURLをコピーしました