身近な話題を投稿してみよう!

【加古川市】5月29日は「かつめしの日」。かつめし が令和4年度文化庁「100年フード」に認定

【加古川市】5月29日は「かつめしの日」。かつめし が令和4年度文化庁「100年フード」に認定

兵庫県加古川市が誇るご当地グルメ「かつめし」が、令和4年度の文化庁の100年フード 「未来の100年フード部門 〜目指せ、100年〜部門」に認定。

文化庁 100年フードとは

【加古川市】5月29日は「かつめしの日」。かつめし が令和4年度文化庁「100年フード」に認定

文化庁では、我が国の多様な食文化の継承・振興への機運を醸成するため、地域で世代を超えて受け継がれてきた食文化を、100年続く食文化「100年フード」と名付け、文化庁とともに継承していくことを目指す取組を推進しています。

全国各地の100年フード
100年フード先進事例を紹介いたします。

なぜ、5月29日が「かつめしの日」なのか

「かつめしの日」は、「うまいでぇ!加古川かつめしの会」が「かつめしの日をつくりたい」という想いのもと、2016年に公募を実施し、決定されました。

約100件の応募の中、かつ=勝つ⇒VICTORY=頭文字Vはローマ数字の5で5月、29は「肉⇒29=29日」というアイデアが採用され、5月29日を「かつめしの日」と制定されました。

現在は100店舗以上で提供、70年以上の歴史を持つ市民のソウルフード

かつめしは 「洋皿に盛ったご飯の上にビーフカツをのせ、デミグラスソース系のタレをかけ、茹でキャベツを添えてお箸で食べる」加古川市のご当地グルメです。

かつめしのルーツは、昭和20年代の戦後間もない頃、「お箸で気軽に食べることができる洋食」として加古川駅前の食堂で考案されたと言われています。以降も長く愛され続けており、今では、市内外の100軒以上の店舗で提供されているほか、スーパーでは専用のタレが販売され、家庭でも親しまれているほか、学校給食のメニューにも取り入れられるなど、市民に馴染みの深いグルメとなっています。

かつめしの魅力は、お店によってそれぞれのレシピがあり、こだわりの味があることです。 最近では、ビーフカツだけでなく、トンカツやチキンカツ、エビフライなどカツのバリエーションも増えてきました。変り種では、かつめしバーガー、かつめしバーなども登場しています。

勝負ごとのゲン担ぎにはいつも「かつめし」

「かつめしの日」の由来からも、勝負ごとのゲン担ぎにはいつも「かつめし」の存在があります。加古川市民の間では、大事な試合や試験などの前に「かつめし」を食べてから挑むという習慣があるとか。
また、加古川市は、6名もの市ゆかりのプロ棋士が活躍する「棋士のまち」です。
名人戦を始め、竜王戦や王将戦のタイトル戦を誘致するとともに、若手棋士の登竜門として知られる「加古川青流戦」(加古川市・加古川市ウェルネス協会・日本将棋連盟主催)が、2011年から開催されています。
真剣勝負に挑む対局中の棋士の食事にも「かつめし」が選ばれるなど、「かつめし」は様々な場面で登場しているそうです。

まだ「かつめし」を食べたことがない方は、ぜひ「かつめしの日」に加古川のソウルフードを堪能してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

※「地域」カテゴリー内

市川町観光協会|神崎郡市川町のおでかけとイベント情報
メール会員募集
タイトルとURLをコピーしました