メンバーになって投稿してみよう!
秋の味覚、神河町「花御所柿」一般販売スタート

糖度の高さがウリ。秋の味覚、神河町「花御所柿」一般販売スタート

その甘さから「日本一の甘柿」とも称されることもある「花御所柿(はなごしょがき)」。山田営農組合(神河町)で11月23日より単品の直売が行われます。

販売時間は10時から15時まで。

秋の味覚、神河町「花御所柿」一般販売スタート

スポンサーリンク

神河町産「花御所柿」

200年以上昔から鳥取県因幡地方で栽培されている銘品ですが、兵庫県神崎郡神河町でも2000年初頭よりその栽培が行われています。

もとは産地の鳥取県八頭町で苗を買って帰った地元住民が育てたのが最初といいますが、現在は町内の「山田営農組合」が引き継ぎ、1本の木の果実をまるごと収穫できるオーナー制度での販売も行われています。

秋の味覚、神河町「花御所柿」一般販売スタート

スポンサーリンク

直売所

COMMENT 追加情報やリクエスト

※記事への追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※匿名、ニックネームでコメントが可能です。メールアドレスは任意ですが返信が必要な場合はご入力ください。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※安全にご利用いただくため、外部サイトへのリンク付きのコメントは編集部で確認の上、公開されます。
タイトルとURLをコピーしました