身近な話題を投稿してみよう!

空き時間に副収入「Amazon Hub デリバリーパートナープログラム」が発表

空き時間に副収入「Amazon Hub デリバリーパートナープログラム」が発表

Amazon(所在地:東京都目黒区)は、12月19日(月)、新しい独自の配送プログラム「Amazon Hubデリバリーパートナープログラム」を発表。

新プログラムは「地域の中小企業にAmazonの商品の配達を委託し、報酬を支払う」というもので、その日の営業スケジュールに合わせて、空き時間などに配送を行うことができるのが特徴。

Amazonは決められた日にパートナーの事業所や営業所、店舗などにまとめて商品を届け、その商品をパートナー企業のオーナーやスタッフが空き時間を利用し、お客様のご指定の配送先に届ける流れ。

配達エリアは店舗や事業所から最長約2Km圏内。配達方法は自由に選択できますが、多くのパートナーが自転車や徒歩で配達をしているのだそう。

「Amazon Hubデリバリーパートナープログラムにより、地元企業がAmazonのテクノロジーを活用し、活躍の場を広げ、日本のラストマイル配送の新時代をともに切り拓くことができると考えています。パートナー企業の皆さまは、空き時間を利用して柔軟に受託業務を行い、副収入を得ることができます。Amazonは、皆さまの成長を加速させ、日本の経済発展を支えるパートナーとして、引き続き尽力してまいります。」と、アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス ディレクターのアヴァニシュ ナライン シング。

現在、Amazon Hubデリバリーパートナープログラムの募集対象エリアは、東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫・愛知・福岡の9か所で、今後日本全国の中小企業で利用できるようエリアの拡大が予定されています。

トップ画像:左からAmazon Hubデリバリーパートナー鈴木 吉昭、濱田 良太、アマゾンロジスティクス ディレクター アヴァニシュ ナライン シング、Amazon Hubデリバリーパートナー大野 裕子(敬称略)

COMMENT

※「ビジネス」カテゴリー内

福崎町文珠荘|播磨平野を一望するお食事と癒しの湯
LINE友達登録
タイトルとURLをコピーしました