神崎郡(神河町・市川町・福崎町)各地でとんど祭りが開催

この週末(1月12日~14日)は成人式にとんど祭り。2019年も各地で行われる予定ですが昨年の様子なども。

とんど

竹など大きくやぐらに組んで正月に使った門松やしめ縄、そして古い御札、書き初めなどお焚き上げ。残り火でお餅を焼いたりしてご近所さんとわいわいする伝統行事、というイメージがあります。

「書初めは高く上がるほど字が上手になるで」
「神さんの火やからあたっとくと病気せーへんで」
「(もちについた焦げや灰も)神さんの火やから大丈夫」

なんて声を地域の先達から聞きませんでした?

とんどの時期

一般的には神様をお迎えする大正月(おおしょうがつ※1月1日~7日まで)に対して小正月(こしょうがつ※1月15日)頃に行われます。

※小正月については諸説ありますが一般的には14日から16日までの3日間、または、14日の日没から15日の日没まで

ねこさん
ねこさん
曜日の関係で2019年は13日(日)に行われるところが多そう。

昨年までの各地区のとんどの様子

神河町根宇野(グリーエコー笠形)

神河町福本地区

(澤田様)

市川町下牛尾河内

(リフレッシュパーク市川さん)

福崎町高橋区

(Mizutani様)

福崎町八千種鍛治屋地区

(福崎町観光協会さん)

竹とわらで作ったこの塔を「ほちょじ」と呼び、半分に切られた「ほちょじ」を子ども達が引きずり、藪の中などに「かくす」ことから「かくし」「ほちょじ」と呼ばれています。「ほちょじ」は大人が深夜に探し出し、再度塔を組んだ後、正月飾りなども入れて火をつけ、無病息災、五穀豊穣が祈願されます。(2014)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です