7月28日 皆既月食 | 2018年最小の満月。

(画像・情報:国立天文台より)

7月28日の満月は、2018年で最も小さく見える満月です。

月は、地球の周りを公転しています。月の軌道は円形ではなく楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではありません。また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、月が地球に最も近づく位置(近地点)や、最も遠ざかる位置(遠地点)での距離は、毎回異なります。満月における地心距離(地球の中心から月の中心までの距離)は、およそ35万6千キロメートルから40万6千キロメートルの間で変化します。(国立天文台)

月を実際の夜空に並べて大きさを比べることはできませんが、上の図のように2018年最大の満月と最小の満月を並べると、大きさの違いがよくわかります。

そして、この今年最小の満月の日には、皆既月食が起こります。月のそばには最接近を目前に控えた火星が明るく輝いています。(国立天文台)

スポンサーリンク

明け方の皆既月食を見よう

7月28日の皆既月食は、1月31日に続いて今年2回目となります。

月食時の月の高度と月の入り時刻

(国立天文台)

 
部分食の始め
(3時24.2分)
皆既食の初め
(4時30.0分)
食の最大
(5時21.7分)
月の入り時刻
札幌 8.2度 みられない みられない 4時24分
仙台 11.3度 1.0度 みられない 4時38分
東京 13.6度 2.8度 みられない 4時49分
京都 16.5度 5.9度 みられない 5時7分
福岡 20.8度 10.3度 1.4度 5時32分
那覇 27.6度 16.3度 6.5度 5時58分

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン地域情報サイト「いいものタウン」
いいものタウンは「みんなでつくる」兵庫県神崎郡を中心とした情報サイト。地域のイベントやグルメ、暮らしの情報など、日常のチョット気になる情報をあつめました。

広告掲載・ITサポートのお申込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。