身近な話題を投稿してみよう!

特産もち麦を使った「白ビール」完成。地域の魅力アップの一助に!福崎町

特産もち麦を使った「白ビール」完成。地域の魅力アップの一助に!福崎町

福崎町産もち麦を使ったビールが完成し、15日お披露目が行われました。ビールの開発、製造は六甲ビール醸造所(有限会社アイエヌインターナショナル)。

通常、大麦やライ麦から作られることの多いビール。

同じ麦ならと約20年前にも「もち麦ビール」の構想はありましたが、当時の技術、嗜好からは実現には至らなかったと福崎町。

もち麦ビールの開発にあたって、六甲ビール醸造所が選んだビールスタイルはベルギーで14世紀から製造されていたビール「ホワイトエール」。

ホワイトエールの伝統製法にならい「もち麦ビール」にはコリアンダーと橙皮を加え、爽やかですっきりとした味わいになっています。

特産もち麦を使った「白ビール」完成。地域の魅力アップの一助に!福崎町

完成した「福崎町特産もち麦BEER(仮称)」

麦芽化していない小麦タンパクによる白濁した色と、酸味が特徴の白ビールですが、「もち麦を使うことで泡もちがよく、すっきり爽やかで独特の酸味、口当たりはとろみがある印象のビールになった」「このもち麦ビールが地域の魅力向上の一助となれば」と六甲ビール醸造所ヘッドブルワー大渕さん。

福崎町尾崎町長は「福崎町のクラフトビールとして、地域の方や、訪れる観光客の皆様に心から喜ばれるビールに育っていくことを願っている」とコメント。

福崎町産もち麦の生産量うち約7.7%しかない希少な「フクミファイバー」を麦全体の5%使用。

完成した「福崎町特産もち麦BEER(仮称)」は3月1日より福崎駅前、辻川の両福崎町観光交流センターで数量限定で発売されます。(730円/1本)

なお試飲会が予定されており、3月5日、6日の福崎駅前でのイベント(両日先着70名)、3月12日、13日の姫路大手前公園(両日先着100名)でのイベント内にて試飲することが可能。

試飲会での反応やアンケートは2022年度の新麦で仕込むビールにも反映される予定。

特産もち麦を使った「白ビール」完成。地域の魅力アップの一助に!福崎町

「福崎町特産もち麦BEER(仮称)」を持つ、尾崎町長と大渕 氏(六甲ビール醸造所 ヘッドブルワー)

記者発表の様子

福崎町特産もち麦BEER(仮称)

販売開始2022年3月1日~
販売場所・福崎町駅前観光交流センター
・福崎町辻川観光交流センター
販売価格730円/1本 ※数量限定
内容量330ml
アルコール分5.0%
原材料麦芽(ドイツ製造)、オート麦、もち麦(福崎町産)、ホップ、小麦、だいだい皮、コリアンダー、糖類
ビールスタイルホワイトエール

フクミファイバー

ねこさん
ねこさん
「福」崎町と岡山県「美」作市が共同開発した品種で、2019年2月13日に公表された新しい品種。

高β-グルカン含量・もち性・プロアントシアニジン欠失を育種目標として、「GlacierAC38」由来のamo1遺伝子と「四国裸97号」由来のwax遺伝子を持つ「四R系3755」を母親、「ant28-2131」由来のant28遺伝子を持つ「四系9814」を父親として交配を行い、系統育種法により育成した渦性の六条裸麦。

β-グルカン含量が極めて高く(従来のもち性品種の約2倍、うるち性品種の約3倍)、従来のもち性品種と比べても、穀粒硬度が高く、60%歩留まり搗精時間が長く、砕粒率が低い。(農研機構)

販売場所

福崎町駅前観光交流センター

福崎町駅前観光交流センター(フクちゃんプラザ)

福崎町辻川観光交流センター

福崎町辻川観光交流センター(サキちゃんプラザ)

COMMENT

  1. 福崎町観光交流センター より: ID:EyOTk3MDk

    […] 麦を使用した「もち麦ビール」がついに登場です🍻🤤✨ (写真引用:いいものタウン) […](Unknown)

妖精が顔出すパンケーキ専門店「こびとぱん福崎店」
協賛企業募集中

※「ニュース」カテゴリー内

タイトルとURLをコピーしました