身近な話題を投稿してみよう!

色で味を判定「AI測定トマト」、きてーな宍粟で販売中

色で味を判定「AI測定トマト」、きてーな宍粟で販売中

宍粟市の特産品や野菜がならぶ、ふるさと宍粟PR館 きてーな宍粟(イーグレひめじ)でちょっと気になる名前のトマトが販売中。

「AI測定トマト」と付けられたトマトは、兵庫県姫路市下手野に本社を置く、世界最大の貨幣処理機メーカー「グローリー株式会社」が手がけるもので、人工知能(AI)などの先端技術で変革を起こすデジタルトランスフォーメーション(DX)のひとつ。

色で味を判定「AI測定トマト」、きてーな宍粟で販売中

おいしさの「見える化」を実現し、農産物の新たな価値を創出するもので、トマトのラベルにはAIが導き出した「甘味」「酸味」「旨味」が表示されています。

「素材の味を味わいたい方に」「お子様や酸味が苦手な方に」など、どのような味で、どんな人向け、なども記載されています。

販売は2月4日から一週間。

画像©きてーな宍粟

きてーな宍粟

(宍粟市)ふるさと宍粟PR館"きてーな宍粟"オープン|イーグレひめじ1階に

COMMENT

  1. 島田公太 より: ID:M5MjMwNTU

    初めまして、
    個人でスマート農業を実現させたいと思っており、
    様々な農業システムの構築にチャレンジしております。
    こち

    [全文を表示する]

※「ニュース」カテゴリー内

福崎町文珠荘|播磨平野を一望するお食事と癒しの湯
投稿機能
タイトルとURLをコピーしました