メンバーになって投稿してみよう!
マイナンバーカード

マイナンバーカード普及率、全国1位2位の2市がカード利活用について連携

総務省が公表した令和4年10月末時点のマイナンバーカード普及率、全国1位の、宮崎県都城市は86.0%(全国市区別1位)と兵庫県養父市は84.2%(全国市区別2位)がカード利活用について連携。

既に2市ではマイナンバーカードの普及フェーズから利活用フェーズに入っているとの認識から、利活用事業に取り組んでいます。

養父市・・・オンライン申請、図書館カード、各種証明書のコンビニ交付サービス、遠隔行政窓口、申請書作成支援システム

都城市・・・オンライン申請、電子母子手帳、図書館カード、各種証明書のコンビニ交付サービス、おくやみ窓口、避難所管理システム、職員証、ふるさと納税ワンストップ特例申請アプリ

カード利活用に係る企業からの提案等については、一括して2市で提案を聞くスキームの運用も併せて開始します。

スポンサーリンク

養父市長 広瀬栄 コメント

養父市でも人口減少、少子高齢化という大きな問題を抱える中、この現状を打破するため、先進的なまちづくりを進める必要があります。

デジタル技術を取り入れた社会において、マイナンバーカードは、市民に対する行政サービスの向上、利便性の向上、公正で公平な社会の実現になくてはならないツールであります。

このたびの連携が、マイナンバーカードを未来へのパスポートとして活用できる斬新かつ有効な施策の実現に向けて、大きく前進することと確信しております。

都城市長 池田宜永 コメント

本市では、マイナンバーカードがデジタル時代のインフラになるとの思いを持って制度開始時から普及促進に取り組んできました。

結果として非常に多くの市民に取得を頂いており、カードの利活用により便利を創出し、市民に届けていく必要があると考えています。

そんな中、カード普及促進に尽力されている養父市の広瀬市長とお話をさせて頂く機会があり、2市の前向きな連携が実現することとなりました。

全国に横展開できるような事例の創出に向けて、民間事業者の皆様のご提案もお待ちしております。

COMMENT 追加情報やリクエスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
赤穂温泉『銀波荘』でチェリスト「近藤浩志」コンサートが開催
赤穂温泉『絶景露天風呂の宿 銀波荘』、瀬戸内海を一望するロビーで、大阪フィルハーモニー交響楽団チェロ・トップ奏者の近藤浩志氏による特別コンサートが2月19日・20日の2日間限定で開催。 当日は、赤穂が誇る冬の味覚、牡蠣を…
神河町神崎公民館で「第17回神河町文芸祭書道展」
神河町文化協会主催による文芸祭書道展が1月28日より神河町神崎公民館1階ロビーで開催中。期間は2月11日(土曜日)午後2時まで。 書道の部では町内の小中学生と高校生および一般の方による、作品221点を展示。短歌の部では応…
「朝展 2023」県内外からの入賞入選作品90点。あさご芸術の森美術館で開催中|朝来市
あさご芸術の森美術館で「〜朝来からの風〜朝展2023」が開催中。 絵画、立体・工芸、書、写真の4部門には兵庫県内外から148点の作品が寄せられ、審査で選ばれた入賞入選作品90点が展示されています。会期は3月5日(日)まで…
【今日はなんの日】1月30日|3分間電話の日
1970(昭和45)年のこの日、公衆電話からの市内通話の料金が3分で10円になった。 それまでは1通話10円で、時間は無制限だった。 (今日は何の日~毎日が記念日~より)…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました