【宍粟市】千種市民協働センター(仮称)2022年3月完成

【宍粟市】千種市民協働センター(仮称)2022年3月完成

宍粟市は千種市民局とセンターちくさの機能を集約した「千種市民協働センター(仮称)」の完成予想図と工事の概要を公開。

人口流出を抑えるため、地域間の結びつきが強い町域を一つの生活圏とした「生活圏ネットワーク構想」に基づき市が整備を進めています。総工費は約6億円、2022年3月完成予定。

センターの建設に伴いしきぐさホールと千種市民局が取り壊され、その後センターの建設が始まります。

役目を終える施設

千種町役場

【宍粟市】千種市民協働センター(仮称)2022年3月完成

広報しそう 2020.9

センターちくさ・しきぐさホール

広報しそう 2020.9

RECOMMEND おすすめ

  【宍粟市】第3子以降の学校給食費が無料に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウンいいものタウン
主にローカルトピック担当。
地域内の情報発信サポートのかたわら見つけた地域情報や地域内のショップや企業からの話題を発信します。

気になる話題や最新ニュースを配信

Google

Google ニュース

LINE

友だち追加