【市川町】豊かな自然とため池が育んだ「あさの米」|浅野

広葉樹の腐葉土から浸透するミネラル豊富な雨水をため池に。太陽の光で稲の生育に適した温度に温めて使うことで生まれる市川町のブランド米「あさの米」。

国道312号線を走っているとなにやらノボリを発見。

このあたり

市川町浅野(MAP)

「あさの米」?

すみません、お話いいですか

市川町内にもずいぶん居ますが初めて知りました。

お話をお聞きしたところ、こちらは市川町浅野の「浅野新営農組合」さんが手がけられている「あさの米」。

こちらのお米の特徴としては広葉樹の腐葉土から浸透するミネラル豊富な雨水をため池に。太陽の光で稲の生育に適した温度に温めて使うことでおいしいお米ができるのだそう。

  • 品種:コシヒカリ
  • 育成水:広葉樹の腐葉土から浸透するミネラル豊富な雨水をため池で貯水し、太陽の光で温められた上層部の水で育てています。
  • 圃場:粘土質で適度の保水力がある土壌で面積15a~20a 小規模栽培
  • 農作業:小面積の圃場を小型農機で人力を加えて行い、稲、穂、モミにやさしき米選機、色選機を通して異物の混入を防ぎ袋詰めをしています
  • 生産者:浅野新営農組合
  • お問合せ先:0790-28-0364

「なんなら、ため池みていき」というお話を頂いたのでそのまま池へ。

ため池にも行ってみた

ひろい!

大池

※記事は作成日2018/09/05時点のものになります。

直販

交通量の多い312号線沿いで直販をされているので目に止まった方もいらっしゃるのでは。
遠方からのリピーターもいらっしゃるということなので気になった方はどうぞ。

2020年は9月1日より販売開始

「銀の馬車道モニュメント」しゃべる馬「はやぶー」が目印。

【市川町】銀の馬車道 しゃべる馬「ハヤブ」|マスク姿でコロナ感染防止を訴え

【市川町】豊かな自然とため池が育んだ「あさの米」|浅野

【市川町】豊かな自然とため池が育んだ「あさの米」|浅野

(画像:藤本様)

【市川町】豊かな自然とため池が育んだ「あさの米」|浅野” に対して1件のコメントがあります。

  1. アバター 藤本忠義 より:

    浅野新営農組合の藤本です?「あさの米」のアップありがとうございます?

    1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。