身近な話題を投稿してみよう!

【ファミマ】懐かしい味。チルドカップ飲料「ミルメーク コーヒー」が誕生

【ファミマ】懐かしい味。チルドカップ飲料「ミルメーク コーヒー」が誕生

古谷乳業株式会社から、学校給食でお馴染みの「ミルメーク」ブランドのミルクコーヒーが12月19日(火)より全国のファミリーマートにて発売。

【ファミマ】懐かしい味。チルドカップ飲料「ミルメーク コーヒー」が誕生
当商品は、千葉県民の多くが長年、学校給食で親しんできた“ソウルドリンク”である古谷乳業のミルクを使用し、同じく昭和の時代から学校給食で愛されてきた「ミルメークコーヒー」で仕上げたもの。懐かしい昭和の味、美味しいミルクコーヒーが気軽に楽しめます。

「生乳」にこだわった美味しさを提供するシリーズ

生乳とは、しぼったままの牛の乳を55%使用したもののことです。
ミルクにも生乳と粉乳があります。それはレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの関係と同じく、自然であるか加工してあるかの違い。粉乳は熱が多く加わっている原料ですが、生乳はしぼったままの牛の乳を使用。ミルク感が強いけれど口当たりはさっぱり!

<生乳のこだわりポイント>
1)味にこだわる本物嗜好が高まっているニーズに応えています。
2)生乳を使った美味しい商品を多く発売することにより、消費と生産を安定的に増やすことで、日本の酪農家の危機を救うことにもつながっています。

ミルメークの歴史と商品の特長

ミルメークの歴史

ミルメークが大島食品工業株式会社から誕生したのは、昭和42年。ちょうど学校給食が脱脂粉乳から、“飲みやすい”牛乳へと切り替わる過渡期でした。「牛乳は栄養的に優れたもの。でも、おいしく飲んでこそ初めてその栄養としての価値がある」同社がそう考えてミルメークが開発されました。
以来、ミルメークは全国の学校給食で提供され続けています(一部地域を除く)。

パッケージデザインのこだわり

フタは、懐かしの牛乳びんの紙フタをモチーフに。
カップには、牛乳びんシズルを用いることで中身をイメージ出来、五感を刺激します。
裏面コラムは、黒板手描き調とし学校給食の風景を連想させます。

【ファミマ】懐かしい味。チルドカップ飲料「ミルメーク コーヒー」が誕生

味のこだわり

牛乳にミルメークコーヒーを加えて飲んだ、あの懐かしのコーヒー牛乳の味わいを再現しています。

「ミルメークコーヒー味」商品概要

【ファミマ】懐かしい味。チルドカップ飲料「ミルメーク コーヒー」が誕生

商品名ミルメークコーヒー味
種別名称乳飲料
内容量260ml
原材料生乳(50%以上)、砂糖、コーヒー、香料、ビタミンC
賞味期限製造日+90日
価格198円(税込213円)

 

 

COMMENT

福崎町文珠荘|播磨平野を一望するお食事と癒しの湯
メール会員募集
タイトルとURLをコピーしました