身近な話題を投稿してみよう!

春日大納言小豆を使用。関西高速道路限定版の和菓子、「どら福」が発売

春日大納言小豆を使用。関西高速道路限定版の和菓子、「どら福」が発売

NEXCO西日本、西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社関西支社及び株式会社やながわから、関西高速道路限定版 和菓子「どら福」が、関西地区のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)12箇所で4月25日(木)から販売されます。

商品考案の経緯

令和4年3月にNEXCO西日本関西支社福知山高速道路事務所と西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社関西支社が「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム推進協議会」の企業部会員となり、当時会長を務めていた株式会社やながわと、地元の特産品や丹波地域の魅力発信に貢献したいとの思いのもと協働し、丹波の特産品などを活用した、関西高速道路限定版 和菓子「どら福」を販売することとなった。

春日大納言小豆を使用。関西高速道路限定版の和菓子、「どら福」が発売

商品詳細

商品名どら福
販売価格①「どら福」贈答品用詰め合わせ(4個入り)1,380円(税込)
②「どら福」単品300円(税込)
特徴JA丹波ひかみの登録商標である「春日大納言小豆」を100%使用した贅沢などら焼き。
関西高速道路限定版は粒あんを10%増量。
販売開始令和6年4月25日(木)
販売箇所関西のSA・PA 12箇所
(4月15日時点、順次拡大予定)
販売場所【E1】名神高速 草津PA(上下線)、大津SA(下り線)、桂川PA(下り線)、吹田SA(上り線)
【E2】山陽道 三木SA(上り線)
【E2A】中国道 西宮名塩SA(下り線)、赤松PA(上り線)、加西SA(上下線)
【E26】阪和道 岸和田SA(下り線)、紀ノ川SA(上り線)

「春日大納言小豆」とは

春日大納言小豆は、丹波大納言小豆発祥の地である春日地方(現在の兵庫県丹波市)を中心に作られる在来品種で、JA丹波ひかみの登録商標です。 大粒で表皮が薄く、煮崩れしづらいのが特徴です。
また、小豆全体が光沢を帯び、形が俵のように見える見た目も特徴で、大納言小豆の最上級ブランド。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました