身近な話題を投稿してみよう!

第42回日本SF大賞、よしながふみ『大奥』(白泉社)が受賞

第42回日本SF大賞『大奥』よしながふみ(白泉社)が受賞

一般社団法人 日本SF作家クラブは19日、第42回日本SF大賞によしながふみ(白泉社)の『大奥』が重症したことを発表。

2020年9月1日より2021年8月31日までの間に発表されたSF作品の中から、もっとも優れた作品に贈られる第42回日本SF大賞。

2022年2月19日、Zoomで行われた選考会(選考委員:草上仁・小谷真理・白井弓子・三雲岳斗・森岡浩之の各氏)の結果、大賞が決定。

『大奥』よしながふみ(白泉社)

ジェンダーに対する理解を深める内容に海外からも受賞など評価されています。

あらすじ

江戸幕府、三代将軍・家光の時代、男子のみを襲う謎の疫病が国中に流行り、 男子の数が激減。家光も病に倒れ、秘密裡に将軍職は女子へと継がれていく。男子は種馬として大切に育てられ、江戸城大奥までもが、希少な男子を囲い、「美男三千人」と称される「男の世界」となっていった。貧乏旗本の家に育った水野は、経済的理由などから大奥入りを決意。

COMMENT

※「ニュース」カテゴリー内

市川町観光協会|神崎郡市川町のおでかけとイベント情報
ねこさんの部屋
タイトルとURLをコピーしました