夜のシンデレラ城(太陽公園「白鳥城」)でイルミネーションイベント|姫路

姫路市で「城」と言えば「姫路城」を思い浮かべる方は多いですが、水辺にたたずむシンデレラ城が目に留まった方も多いのでは。

太陽公園「白鳥城」

シンデレラ城のモデルとなった世界で一番美しいと謳われる、ドイツにあるノイシュバンシュタイン城を3分の2スケールで再現した「白鳥城」が目を引く太陽公園で2021年1月15日(金)から光の饗宴イベント「イルミネーションジャーニー イン 太陽公園」が開催。

Illumination journey in 太陽公園

太陽公園のシンボル的存在である「白鳥城」をライトアップとイルミネーションで装飾。光の演出により、より美しく幻想的な世界へご招待致します。

期間 令和3年1月15日(金)~令和3年2月23日(火)
開園時間 9時~20時
※通常は17時までの開園を延長し、17時から20時までイルミネーションライトアップイベントが開催
料金 通常料金 大人1,500円 小人700円

Illumination journey in 太陽公園

太陽公園はこんな場所

「お城のエリア」

白鳥城がある「お城のエリア」ではトリックアートや摩訶不思議な写真スポットも。

太陽公園「白鳥城」

「石のエリア」

母体は福祉施設という太陽公園は海外旅行の難しい障がい者や高齢者に「世界旅行気分を体感して頂く」事を目的に「石のエリア」には凱旋門、兵馬俑、マーライオン、ピラミッド等、20カ国70種類(総数3500以上)の石造物が点在しており、1日で海外旅行気分を味わうことも。

初めて訪れる方はその不思議な空間に圧倒されることでしょう。

太陽公園

太陽公園「石のエリア」兵馬俑

太陽公園の敷地面積は約160,000㎡(甲子園球場約4個分)と広大な自然の中にあり一日を通して密にならずに楽しむことができます。

観光庁「あたらしいツーリズム」事業の一環

「あたらしいツーリズム」とは

本事業は観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で実施。新型コロナウイルス感染症の影響により、従来の生活様式からの変化が急速に進んでいます。 これからは、国内外の観光客が安心して観光を楽しむことができるよう、新たな安全・安心な旅のスタイルを普及・定着させる目的で実施されます。

RECOMMEND おすすめ

  姫路港ふれあいフェスティバル(秋版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
神崎郡と兵庫県近郊の気になるニュースや話題、イベントやグルメ、おでかけスポットから暮らしの情報まで毎日発信中。

気になる話題や最新ニュースを配信

Google

Google ニュース

LINE

友だち追加