メンバーになって投稿してみよう!

【東京大壁画】兵庫出身アーティスト「横尾忠則」親子で競作

【東京大壁画】兵庫出身アーティスト「横尾忠則」親子で競作
おでかけ

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13のひとつ、「東京大壁画」が7月17日(土)より東京・丸の内のランドマークである丸の内ビルディング(以下、丸ビル)・新丸の内ビルディング(以下、新丸ビル)の壁面にお目見え。

「東京大壁画」は丸ビル、新丸ビルに表現された総面積7,752㎡の巨大壁画アート。兵庫県出身のアーティスト、横尾忠則さんと横尾美美さんが起用され、世界最大級の壁画アート作品を完成させた。

企画コンセプトは「宇宙 COSMO POWER」。

丸ビルの壁面(総面積3,371㎡)には“火(ignis)”をテーマとした横尾美美さんの作品が、新丸ビルの壁面(総面積4,381㎡)には“水(aqua)”をテーマとした横尾忠則さんの作品が展示されます。

東京大壁画

実施期間2021年7月17日(土)~2021年9月5日(日)
実施場所丸ビル(東京都千代田区丸の内2丁目4−1)、新丸ビル(東京都千代田区丸の内1丁目5−1)
アクセスJR東京駅丸の内南口より徒歩1分、東京メトロ丸ノ内線東京駅より直結
主催東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

企画コンセプト(株式会社ドリルより)

二つの巨大なグラス・ウォールに作品を展開するにあたり、「相互関係にあり、二つの呼応し合えるような概念を」を前提にテーマを検討。

横尾忠則氏、横尾美美氏を交えてミーティングを進めるうち、「火と水」、しかも卑近な状況にとどまらない、宇宙的な元素概念として捉えることのできる、“火(ignis)”と、“水(aqua)”に絞り込まれ、火は水によって消火されるが、水もまた火によって気化するという相関関係にあります。

また、火は揺れ続け、螺旋状に上昇する一方で、水は水平にとどまり、垂直に落下するという、運動形態も極めて異種の状態を示します。こうした二つの存在と運動は、宇宙はもちろん、人類、私たち一人一人が内包する運動であり、エネルギーでもあるという思想に立ち、人類から、宇宙までに通底する「コスモパワー COSMO POWER」=「生命の循環運動」と捉えました。

アーティストプロフィール

横尾忠則 氏

1936年兵庫県生まれ。美術家。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロ、など各国のビエンナーレに出品し、パリのカルティエ財団現代美術館など各国の美術館で個展を開催。15年高松宮殿下記念世界文化賞、令和2年度東京都名誉都民顕彰。7月17日より東京都現代美術館での大規模な個展が開催される。

横尾美美 氏

画家。1994年 「Tadanori&MimiYOKOO」展で展覧会デビュー。1995年個展開催から、東京を中心に、全国各地で開催。 2000年 PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE MILLENNIUM、Spring Summer2000 を担当。最近ではme ISSEY MIYAKE “MIMI YOKOO”の第一弾(2017年)から第三弾(2020年)までコラボレーションを展開。

0

※最新情報は商品・サービスの販売元、提供元までお問合せください。
※情報の正確性、出典元の明示、利便性向上のため、当サイトから第三者ウェブサイトへのリンクが含まれることがあります。

いいものタウン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました