メンバーになって投稿してみよう!
句具「二十四節気カレンダー」2種が10月4日発売|二十四節気のはじまりの日に“縦半分ずつ”めくるカレンダー

句具「二十四節気カレンダー」2種が10月4日発売|二十四節気のはじまりの日に“縦半分ずつ”めくるカレンダー

俳句のための文具ブランド「句具」(株式会社COMULA)から、立春・雨水・啓蟄などの二十四節気でめくっていく「二十四節気カレンダー」の〈季語文字〉〈季語絵〉の2種が、2022年10月4日(火)に発売。
このカレンダーは、毎月一日にめくる一般的なカレンダーとは異なり、二十四節気のはじまりの日に“縦半分ずつ”めくる、少し変わったカレンダーです。複数の季語によるタイポグラフィで二十四節気を表現した〈季語文字〉と、季節感や季語をイメージしたイラストレーションを楽しむ〈季語絵〉、趣の異なる2種のシリーズで、2023年版の新作を発売開始。
2023年2月4日の立春にスタートし、2024年の立春前日(2月3日)まで1年間使える、全12枚綴り。二十四節気を軸に、季節を解像度高く感知し、訪れる新たな季節の兆しを敏感につかみながら暮らす豊かさを提案する、新しい価値観のカレンダーです。

スポンサーリンク

二十四節気カレンダー2023〈季語文字〉

それぞれの季節の「季語」を素材に、版画のような雰囲気のタイポグラフィデザインで二十四節気を構成した、“文字から季節感を受け取るカレンダー”。
一見、遠くから見ると二十四節気の文字だけに見えますが、実は近くで見ると、いくつかの季語の集合体になっています。 季節の美しい言葉「季語」と、移り変わりゆく二十四節気を意識することで、季節感を感じながら暮らすことを提案するカレンダーです。

句具「二十四節気カレンダー」2種が10月4日発売|二十四節気のはじまりの日に“縦半分ずつ”めくるカレンダー

二十四節気を表現しているそれぞれのパーツは、「虹」「ソーダ水」「蛇」など、その季節の季語で構成されています。印刷は、プロセスカラーの4色にマットなシルバーの特色印刷を重ねています。版画のような漆黒の文字の上に、マットなシルバーが上品に光る立体的な印象です。
中央には縦にミシン目があり、縦半分ずつめくっていくことができます。また、それぞれの節気の季語については裏面で簡単な解説を添えて説明しています。季節の美しい言葉、季語を知るきっかけをつくるカレンダーです。

句具「二十四節気カレンダー」2種が10月4日発売|二十四節気のはじまりの日に“縦半分ずつ”めくるカレンダー

二十四節気カレンダー2023〈季語絵〉

季語からインスピレーションを受けたイラストレーションで構成する、絵を楽しむカレンダー。左半分を切り離すと、次のページの節気が半分現れ、線の流れや図形などが、かすかにつながっていることに気づきます。季節の移り変わりやつながりを視覚的に捉えながら、肌で感じる季節感と重ね合わせて、イラストと季語を楽しむデザインです。

句具「二十四節気カレンダー」2種が10月4日発売|二十四節気のはじまりの日に“縦半分ずつ”めくるカレンダー
立春の2月4日にはじまり、春3枚、夏3枚、秋3枚、冬3枚の計12枚。ミシン目でぴりぴりと切り離して縦半分ずつめくっていくことで二十四節気それぞれの組み合わせが楽しめます。印刷は、プロセスカラーの4色にプロセスカラー1色、シルバー1色の計6色印刷で、色鮮やかに仕上げています。季節のイラストのカラフルで華やかな色合いを、周りのシルバーが一層引き立てる、上品で鮮やかなカラーです。それぞれの季節や季語をイメージしたイラストには、小さく季語を添えました。絵から季節感を受け取りつつ、季語についても知ることができます。

句具「二十四節気カレンダー」2種が10月4日発売|二十四節気のはじまりの日に“縦半分ずつ”めくるカレンダー

製品概要

商品名二十四節気カレンダー2023〈季語文字〉
二十四節気カレンダー2023〈季語絵〉
枚数各 全12枚綴り
サイズ約240×215mm
販売価格各2,200円
句具オンラインストアhttps://ku-gu.com/

 

COMMENT 追加情報やリクエスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました