メンバーになって投稿してみよう!
エグい表紙とは裏腹に、大人も泣かせる絵本『ゾンビハムスターねずこ』が話題

エグい表紙とは裏腹に、大人も泣かせる絵本『ゾンビハムスターねずこ』が話題

ハムスターの「ねずこ」と飼い主の男の子との交流を通じ、命には限りがあることを学ぶ絵本『ゾンビハムスターねずこ』が、徳島市の出版社から8月18日に刊行されてから一カ月、多くの反響が寄せられています。

ゾンビハムスターねずこ

絵本『ゾンビハムスターねずこ』は徳島市内で育児雑誌『ワイヤーママ』を創刊し、全国9か所でフランチャイズ展開してきた『株式会社ワイヤーオレンジ』代表・原田たけし(徳島市)の3作目の絵本。

子どもに人気のコンテンツをモチーフに使い、「悔いなく生きること」の大切さなどを物語に込めているのだそう。

エグい表紙とは裏腹に、大人も泣かせる絵本『ゾンビハムスターねずこ』が話題

PR

あらすじ

主人公は、小学校入学時にねずこを買い始めたヒカル。2年生になってねずこは死んでしまったが、ある晩、ゾンビ姿で枕元に出現。

「ヒマワリのタネを思いっきり食べたい」というお願いをされる。

それ以降、ねずこは夜な夜な生前やり残したことを頼みに来て、ヒカルは人間よりもはるかに短いねずこの寿命について考える・・・。

エグい表紙とは裏腹に、大人も泣かせる絵本『ゾンビハムスターねずこ』が話題

全国から届くファンレター

全国各地から出版社には「ねずこ宛」に届くファンレターの数々。(トップ写真)

インターネットのレビューには「子どもが何度も読んでとハマっている」や「何度も読み返して気づく、大人も感動する物語だ」「まるで『令和版100万回生きたねこ』のような読み応え」等、多くの反響が寄せられています。

全国の主要書店やAmazonサイト等で1540円(税込)で販売中。

COMMENT 追加情報やリクエスト

※追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントが可能ですが返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました