柳田國男・松岡家記念館

柳田國男・松岡家記念館

場所

〒679-2204 兵庫県神崎郡福崎町西田原1038−12

概要

明治8年に福崎町・辻川の松岡家に生まれた柳田國男は、東京帝国大学を卒業後農商務省に入り、法制局参事官を経て貴族院書記官長となりました。大正8年、45歳で退官後、在野で研究に専念し、日本民俗学を創始しました。その研究は高い評価を得、文化勲章を受け、福崎町名誉町民第1号、正三位勲一等旭日大綬章も授与されました。
また、國男の生家である松岡家の兄弟(鼎、泰蔵、静雄、輝夫)もそれぞれの道で大成し、共に顕彰するために記念館が建てられました。


神河町猪篠の古着屋さん ミス・ジャーニー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。