【兵庫県】新型コロナ 年内第二波を想定した6月補正予算に1120億円

【兵庫県】新型コロナ 年内第二波を想定した6月補正予算に1120億円

兵庫県は大幅に増額された国交付金等を活用し、新型コロナウイルスの年内第二波を想定した6月補正予算を公表しました。

「医療・検査体制の強化」に768.3億円、「地域経済活性化・地域の元気づくり」に321.9億円、「ポストコロナ社会」に向けて29.8億円の合計1120億円。

予算規模

【兵庫県】新型コロナ 年内第二波を想定した6月補正予算に1120億円

過去の対策予算と比較しても「医療・検査体制の強化」への大幅な予算が充てられています。

医療・検査体制の強化

入院医療体制の強化(27,015百万円)

医療従事者の派遣、空床補償単価の改善、 人工呼吸器等の追加、重点医療機関設備整備 等

医療機関等における検査機能の充実(380百万円)

PCR検査機器の増設、前処理の自動化、 移動型PCR検査装置の開発支援 等

地域医療体制の維持・確保(30,908百万円)

感染症の影響に対応した医療機関の支援、 感染症対応従事者慰労金の支給 等

感染症患者の入院医療費の公費負担(213百万円)

PCR検査試薬の確保(30百万円)

抗原検査の公費負担(17百万円)

妊産婦への分娩前ウイルス検査(241百万円)

【兵庫県】新型コロナ 年内第二波を想定した6月補正予算に1120億円

地域経済活性化・地域の元気づくり 1/2

※一部

新型コロナウイルス感染症対応無利子資金(5/1~)の拡充

融資限度額を3,000万円から4,000万円に引上げ

保証料応援貸付の創設

新型コロナ対応既存資金(右表⑤)の限度額を超える資金需要に対応するため、5,000万円を限度に保証料無料の融資を創設

※通常は、保証料(0.8%程度×10年分)を貸出時に一括徴収

休業要請事業者支援金の拡充

5月7日以降の休業要請延長に応じた事業者に対し、経営継続支援金を加算

県有財産使用料等の減免等

コロナの影響で収入が概ね20%減少した者への徴収猶予や、休業要請に応じた売上減少事業者(前年同月比50%以上)への減免

地域経済活性化・地域の元気づくり 2/2

【兵庫県】新型コロナ 年内第二波を想定した6月補正予算に1120億円

新規産業立地促進補助の拡充 326百万円

コロナ禍により、脆弱性が顕在化したサプライチェーンの強化・再構築を支援。特に、新型コロナウイルス感染症影響対策として、海外自社製品やコロナで需給が逼迫した医療物資等の生産施設を県内に整備する者を支援

がんばるお店・お宿応援事業の拡充 460百万円

支援件数:2,000件 ⇒ 5,000件

地場産業の持続・活性化への支援 60百万円

ひょうごスタイルでの活用が期待される新製品・新技術の開発や、WEBマーケティング調査等を支援

Welcome to Hyogoキャンペーンの拡充 239百万円

ホテル、旅館の会議場等における学会やコンベンションの開催費用を支援。

県内観光地を巡る五国交流バスツアーの造成を促進するとともに、参加者に県特産品セットを贈呈。

参考

令和2年度 6月補正予算 ~フェーズに対応した機動的な予算編成~(PDF:2,405KB)

兵庫県ホームページ

https://web.pref.hyogo.lg.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。