【西脇市】ショール屋やめてマスク屋になります|有限会社玉木新雌

【西脇市】ショール屋やめてマスク屋になります|有限会社玉木新雌

播州織のアパレルメーカー有限会社玉木新雌(兵庫県西脇市)は新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足の解消のため西脇市の拠点tamaki niime Shop & Lab の自社生産設備を使い、布マスクの本格的な生産を開始。

ものづくりを基盤とする企業として出来ることを考え、必要なものを必要な人に今届けるために、布マスクの一般受注販売を開始したとのこと。

自由に結べる長い紐(丸紐/平紐)と、顔を広範囲にカバーできるのが特徴のマスク(タマスク)一般受注会は4/5(日)11:00より再開。

有限会社 玉木新雌(たまきにいめ)

西脇の伝統産業である播州織をルーツに、織・編み・染色・縫製の自社生産機能を持ち、創り出される全てのものが一点物の<イッテンモノ量産主義>を掲げるものづくり集団

オンラインショップ

https://www.niime.jp/online/reserve/mask/

0

※内容は 2020年04月04日 時点の情報のため、最新情報と異なる場合があります。

省力化・自動化設備の単品加工・特注部品及び治工具なら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。