【高級食パン】「銀座に志かわ」姫路店|4月19日オープン

【姫路市】「銀座に志かわ」姫路店|オープン。伊勢神宮内宮にも奉納された高級食パン

2018年9月13日に銀座でオープンした食パン店「銀座に志かわ」は3年間で111店舗を展開予定。4月19日(日)に兵庫県で5店舗目となる姫路店がグランフェスタ4番街にオープン。

新型コロナウイルス拡大の影響でオープン日が延期されていましたが2020年6月8日10:00~オープン予定。オープンに先行して5月29日(金)12時より電話予約を開始。

電話番号:079-226-2422

銀座に志かわ

アルカリイオン水という名の魔法の水

銀座に志かわの食パンの仕込み水は独自に開発したpH値が高めのアルカリイオン水。

元来、アルカリイオン水はイーストの活性につながりにくくパンがうまく膨らまない等、パンの製造には不向きと言われてきました。

しかしながら一方では食材の旨味を引き出すことに優れていると言われ、食パン製造の素材である小麦粉、はちみつ、生クリーム、練乳などの旨味成分がアルカリイオン水との融合で生まれるハイブリッドな味、食感を研究してきました。

そして試行錯誤を繰り返し、2018年2月にとうとうパン作りにも対応できる独自のアルカリイオン水を発見。

お客様の行列を生み出すまでの味、食感の高級食パンの誕生に至りました。

【高級食パン】「銀座に志かわ」姫路店|4月19日オープン

伊勢神宮内宮に奉納した実績のある食パン

銀座に志かわ「水にこだわる高級食パン」は2019年10月16日(水)、三重県伊勢市、伊勢神宮内宮・神楽殿に奉納実績のある食パン。

【高級食パン】「銀座に志かわ」姫路店|4月19日オープン

全国、どこの店でも同じ品質の食パン

「誰が・どこで・いつ作っても、美味しい食パン」を基本コンセプトにキャリア50年以上の製造長が自身が経験してきたノウハウで各店舗の研修スタッフを短時間でパン職人に成長させることに挑戦しています。

スタッフは気温、湿度などに応じて吸水率や発酵時間を調整するなど日々の徹底した数値管理を行っています。

また、各店の食パンを毎月1回、本店でチェック、工房内にはWEBカメラを設置し、東京の本店で製造課程を確認、オブザーバーがいつでも確認できるシステムを構築。

【高級食パン】「銀座に志かわ」姫路店|4月19日オープン

「イメージ」は銀座の料亭の手土産

値段は800円(税抜き)。「プチ贅沢」「自分へのご褒美」「ちょっと気の利いた手土産」と言った料亭のおもたせを彷彿させるような手提げ紙袋を採用し、保存袋はアツアツのパンの蒸気が籠らないように、上が大きく開くタイプ。

焼きたての美味しい食パンを最高の状態で頂ける心配りがされているそう。

銀座に志かわ 姫路店

住所 兵庫県姫路市駅前町241番地(グランフェスタ4番街)
TEL
オープン 4月19日(日)オープン予定
営業時間 10:00~20:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。