水道管の凍結防止について


(市川町からのお知らせ)水はマイナス4度以下になると凍る性質があります。水が凍結すると水道管が破裂する恐れがあります。水道管の凍結防止・破裂の際の緊急処置及び対応等を記載しておりますので、冬の凍結から水道管を守りましょう。

水道管は気温がマイナス4度以下になると凍結しやすくなります。次のような場所では、凍結して破裂するおそれがあります。
◆ 水道管がむきだしのところ 水道管がむきだしのところ 水道管がむきだしのところ
◆ 家の北側で、日の当たらない場所 家の北側で、日の当たらない場所 家の北側で、日の当たらない場所
◆ 風当たりが強いところ 風当たりが強いところ 風当たりが強いところ

凍結の防止方法

蛇口や水道管に保温材または布などを巻きつけて保温し、その上をビニールなど、水を遮断する材料で覆います。
メーターボックスの中には、ビニール袋に入れた発泡スチロールや布切れなどを入れ、上にダンボールなどをのせて保温してください。

水道管が凍ってしまったら

凍ってしまった部分にタオルや布をかぶせて、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかけてください。
※直接熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがありますので、ご注意ください。

水道管が破裂してしまったら

メーターボックスの中にある止水栓を閉めてください。そして破裂した部分に布かテープをしっかり巻きつけて応急処置をし、水道業者に修理を依頼してください。また給
水装置(メーターから家側)は、各ご家庭で管理いただくものですので、その際の修理費用やその他の改造等にかかる費用は、使用者の負担になります。
※基本的には主弁にて止水できますが、劣化により閉めても水が止まらない場合は、副弁を反対側に倒すことにより止水できます。
(注)給水装置工事の年代により副弁がついていない場合があります。

水漏れに注意

小さな水漏れでも放っておくと、その漏水箇所は広がってしまいます。特に漏水箇所で凍結が起こると、その進み具合は早くなります。一度メーターを通ったあとの漏れた水は検針水量に加算され、使ったつもりもない水道代を払うことになります。日頃から給水装置(メーターから家側)の水漏れには充分気をつけてください。

水漏れを自分で調べるには

ご家庭の蛇口を全部閉めて、水道メーターを確認してください。特にパイロット(銀色の円盤状で赤い羽根が3枚ついたものです)をよく見てください。パイロットはごくわずかな水の流れにも反応するので、パイロットが回っていたら宅内での水漏れの可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です