お国言葉シリーズ 2 | 「みいひん」

先週、思い付きで投稿した(「じゅるい」からまた来週。 | お国言葉シリーズ)。

特に意識はしていなかったのですが来週も、という声もあったのでw

※生まれも育ちも神崎郡ですがたまに言葉が混じるのでご容赦ください。こんな言葉、使わない、ここではこう使う、なんて情報も歓迎です✨

スポンサーリンク

○○ひん

普段使っている言葉を改めて分解して考察するのも変な感じですがひとまず。

「-ん(-へん -ひん)」は否定。

○には動詞が入るのが常。「見」「来」「着」などの動詞と合わせて使うかんじですね✨

来ない→こーへん(例:時間になったけどあいつこーへんなー)
着ない→きーひん(例:服、買ったけど全然きーひんわー)

てかんじw

タイトルの「みいひん(みーひん)」

こちらは「見る」+否定の「ひん」で「見いひん(みいひん)」
ま、標準語で「見ない」ってことなんですけど。

写真で言うと、「今日雨やしお客さん全然みーひんなー」って感じで。

お題:下の写真を使って「○○ひん」

①道の駅 銀の馬車道・神河のたこ焼きちえちゃんの「まるしいたけ入り」たこ焼きが無くなっているのを見てひとこと。

うさ(仮)
うさ(仮)
回答例:まるしいたけ入りのたこ焼き”みーひん”なったおもたら、しいたけ入りに変わっとー(訳:まるしいたけ入りのたこ焼きを見なくなったと思ったら、しいたけ入りに変わってる)

へん、ひん、はなんだかんだ使っているイメージ。

「出来ません」:そんなんできひんわー(そんなことは出来ません)
「行きません」:そこにはいかへん(そこには行きません)
「しません」:そんなんせーへんわー(そんなことはしません)

あれ?やたら「そんなん」使ってる・・・

またご要望があればシリーズ化で?


神河町猪篠の古着屋さん ミス・ジャーニー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。