5月12日の茶もみの様子 | 越知谷菜っぱの会

(画像・情報:越知谷菜っぱの会さんより)

熱く煎って揉んで、広げて冷ます。
そしてまた煎って熱いのを揉んでいくと油分と良い香りが出てきます。
揉みはここまで。
あとは熟練のご老体に2回ばかりの煎りを任せる。

それを広げたのが写真のむしろの上の茶葉。
発酵は止まっていますので、一週間程度乾燥して袋や缶に収めて保存。
※全文は越知谷菜っぱの会さんのページまで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。