【#常識をはきかえよう】アテント 大人用紙おむつ|「かくさないパンツ」をキーワードに

【#常識をはきかえよう】アテント 大人用紙おむつ|「かくさないパンツ」をキーワードに

エリエールブランドを展開する大王製紙株式会社は、8月4日(火)に大人用紙おむつブランド「アテント」の発売40周年記念を期して、介護と社会をとりまく環境の変化に対する想いを宣言。

介護・看護従事者や当事者だけではなく、全世代の方々に「自分ごと」として捉えてもらうために8月22日(土)、23日(日)の2日間、日本テレビ系列で放送される「24時間テレビ43『愛は地球を救う』」からタレントの草彅剛(くさなぎ つよし)さんを起用したTVCMを放映し、「#常識をはきかえよう」をテーマにブランドキャンペーンを開始します。

【#常識をはきかえよう】アテント 大人用紙おむつ|「かくさないパンツ」をキーワードに

背景

2025年問題、2040年問題と世界に類をみないスピードで超高齢社会に進んでいる日本。「今の自分とは関係ない。まだずいぶん先のこと」として漠然と捉えている高齢化社会。

こうした中、国は既に、地域共生社会の理念とその実現手段のひとつとして地域包括ケアネットワークの構築を提言し、各種法整備を進めています。

アテントでは、この地域共生社会の理念に共感し、今後世代を超えて大切な問題となる「介護の社会化」に取り組み、大人用紙おむつを下着の総称である「パンツ」と呼び、「かくさないパンツ」をコミュニケーションワードとして、おむつを恥ずかしいものとして隠すのではなく、オープンにしてみんなで考えていけるポジティブなものに変えていきたいと考えています。

24時間テレビからTVCMを放映

草彅さんを起用したTVCMは8月22日(土)、23日(日)の2日間、日本テレビ系列で放送される「24時間テレビ43『愛は地球を救う』」から放映。

24時間テレビは、福祉・環境・災害復興の三本柱を援助の対象に掲げており、老若男女問わず視聴者自身がこれらの問題に向き合うことができます。「おむつのことを恥ずかしいものとして隠さずオープンにしてみんなで考えていきたい」というメッセージを生活者に訴えるには絶好の環境と考え、同番組からTVCMを放映します。

TVCMは全13パターン篇、すなわち介護の社会化に関わる13のテーマで構成されています。なお、TVCM全13パターン篇は、下記キャンペーンサイト内で視聴可能です。

●アテントキャンペーンサイト  https://www.elleair.jp/attento/talk/

アテントのマニュフェスト (8月4日(火)発信)

【#常識をはきかえよう】アテント 大人用紙おむつ|「かくさないパンツ」をキーワードに

地域共生社会に向けて以前より取り組んでいる活動

  • 医療介護関係者専用SNSメディカルケアステーションへの大人用紙おむつの情報提供
  • 鎌田實先生の講演「がんばらない介護生活を考える会」活動支援
  • 認知症サポーターキャラバン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。