【朝来市】「令和2年7月豪雨」で代理寄付|ふるさと納税受付を代行

【朝来市】「令和2年7月豪雨」で代理寄付|ふるさと納税受付を代行

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは2020年7月11日、ふるさと納税で被災自治体の災害支援に寄付できる仕組み「ふるさとチョイス災害支援」(https://www.furusato-tax.jp/saigai/)で、令和2年7月豪雨への寄付金が2億円を超えたことを発表。

ふるさとチョイスでは、7月4日に7月豪雨の被災地を支援する「災害時緊急寄付申込みフォーム」を開設。7月11日現在、熊本、鹿児島、宮崎、長崎、福岡、大分、佐賀、岐阜の被災した45県市町村への寄付を受け付けており、寄付金は全額、被災地の復旧・復興に使われます。

【朝来市】「令和2年7月豪雨」で代理寄付|ふるさと納税受付を代行

また被災地の事務負担を軽減するため、被災地以外の自治体が寄付を募る「代理寄付」を、神奈川県鎌倉市、兵庫県朝来市、愛媛県、山梨県富士吉田市、茨城県境町、山形県南陽市、鳥取県、広島県、大阪府泉大津市、同和泉市、埼玉県吉川市、宮崎県諸塚村の計12自治体が実施しています。

「代理寄付」/「代理自治体」とは

  • ・2016年熊本地震の際にふるさとチョイスで始まった仕組み。被災地以外の自治体が「代理自治体」となり、被災自治体の代わりに災害支援のふるさと納税の寄付を受け付ける。被災自治体の「災害時緊急寄付申込みフォーム」を開設するほか、寄付金受領証明書の発行などの事務を代行し、被災地を支援する。
  • ・災害支援の寄付は、報道が盛んな発災直後に集まりやすい一方、被災自治体は住民の安否確認といった災害対応でふるさと納税業務をすることが難しい。代理寄付を活用すれば、被災地は災害対応に集中できるうえ、初期から寄付金を募ることができる。

兵庫県では「朝来市」で代理寄付が可能。

【神奈川県鎌倉市】人吉市、芦北町、錦町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、津奈木町、あさぎり町、球磨村、山江村、五木村
【兵庫県朝来市】人吉市、芦北町、球磨村
【山梨県富士吉田市】八代市
【茨城県境町】熊本県、大村市、大牟田市
【愛媛県】熊本県
【山形県南陽市】人吉市
【鳥取県】熊本県
【広島県】熊本県
【大阪府泉大津市】人吉市
【同和泉市】人吉市
【埼玉県吉川市】人吉市
【宮崎県諸塚村】小国町

朝来市

【ふるさと納税で災害支援】「熊本県人吉市・芦北町・球磨村」へのふるさと納税受付を代行します

※災害支援寄附にはポータルサイトへの手数料は発生しません。いただいた寄附は、対象自治体に全額お届けいたします。

熊本県人吉市への災害支援金寄附フォームはコチラ(別ウインドウで開く)

熊本県芦北町への災害支援金寄附フォームはコチラ(別ウインドウで開く)

熊本県球磨村への災害支援金寄附フォームはコチラ(別ウインドウで開く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。