502 Bad Gateway

【502 Bad Gateway】サイト死亡?原因と解決方法を考える。WEB担当者ができることはナニ?

WEBサイトを運営していると少なからずトラブルの発生はつきもの。トラブルのひとつとして、コンテンツが表示されなくなり、サイトの管理画面にもアクセスができなくなる「502 Bad Gateway(502 エラー)」があります。

トラブルについてはWEB担当者がどこまでの権限を持っているかで対応できることも変わってくるため状況によっては運営サイドでまったく検討がつかない、お手上げ状態ってことになることもあります。

ねこさん
ねこさん
基本的にサーバー側、運用側のトラブルのため、ユーザーさんは少しまってアクセスしてみてみましょう。

502 Bad Gateway(502 エラー)

はい、トップ画面のこちら。サイトに入れない、アクセスできない、更新ができない・・・・。

ひとまず、なにかしらの原因があってこうなっていると。リクエストに対してデータが格納されているサーバーと通信状態がうまくできていないという状態ですが、一般的には以下が原因のケースが多い模様。(これ!とはっきり言えない)

一般的には

  • 1.サーバー側の問題
  • 2.DNSの変更などによる問題
  • 3.ファイアウォール設定の問題
  • 4.ウェブサイトのコードにエラー
  • 5.キャッシュの問題

上記のケースの場合「502 Bad Gateway」が表示されるのですが「実際どれ?」ってなりますよね。自身でサーバー組まれる方であればこのページに来られないでしょう。

たいていはレンタルサーバーで運用しているサイトで「502 Bad Gateway」が表示されて解決方法を探している方が大半ではないでしょうか。「1」についてはおそらくサーバー管理者側でなにかしら作業完了を待つしか無し・・・。

「2」「3」「4」についても直前に自身で設定を変えたのであれば戻せばいいはず。

「5」についてはブラウザやサイトのキャッシュをクリアで解決できるはず。

いろんな原因があることはわかるのですが「コレが解決法」、ってのがなかなか見つからない。

WordPress(ワードプレス)で構築されたサイトの場合

当サイトは2020年4月現在、見る人が見ればすぐ分かるWordPress(ワードプレス)で構築されたサイト。汎用性が高い分、運用上、管理すべき部分が多いのも事実。WordPressのバージョン管理、プラグインの更新、データベースの適宜最適化など。

基本的にはプラグインに関わることで「502 Bad Gateway」が表示されるケースが多い感じ。

2年ほど前にも同じようなことがあり、その時は訳が分からずサイトを作り直すはめに。結局はプラグイン過多による負荷がかかりすぎていたのが原因でしたが気づいた時には新たにサイトを立ち上げていたのは苦い思い出。

2020年3月現在10万人ほど来て頂いているのですが4月のある日、なにやら表示がおかしい。重い・・。

キャッシュ系のプラグインを入れているのですがサイトの更新頻度が高いページについてはタイマーでキャッシュをクリアする仕組みを採用しています。

クリアされたページは最新情報であらためてキャッシュされていくのですが稀にキャッシュがうまくいかないことが。

今回もそうなのだろうと安易に考えていたのですがキャッシュをクリアしても重い。重すぎる。しかも「502 Bad Gateway」

前から出ていた「502 Bad Gateway」

サイトの機能性や使い勝手などを追及していった結果、導入プラグインは60ぐらい(多すぎ!)

通常の企業サイトをWordPressで構築した場合、10前後ぐらいではないでしょうか。(お問合せフォームやスライダー系)。「WordPress プラグイン 数」などで検索にかかるサイトでは等しく「入れすぎないように」とありがたいお言葉があるかと思います。

2年前の経験を含め分かっているのですがサイトの性質上、必要なものを取り入れていった結果こんな数に。サーバーの性能にモノをいわせてガンガン導入できる環境でもなく動作と機能の調整をしながら(調整しない場合スピードスコアは2)。

プラグイン同士のかねあいもあって処理が増えると投稿公開や固定ページの更新時に「502 Bad Gateway」がでることはありますが大抵は再度更新するとOK状態。非ログイン状態では問題がなかったのでそのままにしていたんですよね。

一部プラグイン更新

さてプラグイン更新の権限をもつ運営者であれば導入プラグインのアップーデート通知のカウントは気になるところ。この日も比較的軽そうなプラグインから溜まってきていた更新を続けているとなにやらエラー。

うまく更新できなかった模様。

プラグインを多く導入されているサイトの場合、更新はひとつひとつ丁寧に。一度の複数のプラグインにチェックを入れ、サーバーパワーに任せて更新をかけると結構な頻度でサイトが死にます。

ただプラグイン更新が原因でサイトの調子が悪くなった場合はプラグインを更新前の状態に戻せば元通りになるケースも多いかと。

具体的にはステージングサイトなどバックアップしたサイトへFTPなどでアクセスしてそのまま置き換えてしまう方法。

翌日「502 Bad Gateway」

サイトの読み込みがおかしい、あきらかにおかしい。キャッシュプラグインを再起動、ダメ。プラグインの更新が原因だと考え戻すことに。

でも、おかしい

今回はすこし重大な予感。結局更新したプラグインを全戻ししても「502 Bad Gateway」は相変わらず出る状況。

サーバー側の問題?

当社では他のサイトの制作をしたり運用の管理を行っているので同サーバーの他のサイトを確認。

正常。

どうやらサーバー側の問題ではなさそう。ということで最終手段に近い全データのレストアを行うことに。問題が発生したであろう時間(プラグイインの更新が19日夜)以前のバックアップを使ってレストア。

これで戻るはず。

まだ、おかしい

こうなってくるともっと根本的な原因があるような。

「502 Bad Gateway」の解決方法のひとつとしてサーバーの再起動というのがありますが通常サイトを運営している方はサーバーの深い部分の管理までは行えないのでは。

エラーログを確認してみると今まで出ていなかったPHPのエラーが多く出ている様子。該当の部分を修正したところ少しマシになったもののまだおかしい。

  • ■画像サイズが適切でもアップロードできない
  • ■投稿公開がうまくいかない
  • ■ちょちょく「502 Bad Gateway」

もしかして・・・

ねこさん
ねこさん
PHPのバージョンをサーバーの管理画面から変更したところ正常になりました♪

今回のケースでは「502 Bad Gateway」の対処方法としてサーバーの再起動ができない場合はPHPの再起動(再設定)でもうまくいくかもしれません。

まとめ

サイト運営者としてはアクセスに直結する「502 Bad Gateway」。当サイトの場合AMPを導入しているので公開済み投稿についてはスマホからのアクセスの場合、AMPページ(Goolge)が読み込まれるためいきなりアクセス0ということにはなりませんが早々に直すべきエラー。

原因がサイト運営側にある、プラグイン更新に起因すると思われる場合

プラグインのオン、オフ 更新したプラグインを停止してみる
FTPでディレクトリに直接アクセス可 該当のプラグインを更新前に戻す(バックアップから)
レストア バックアップから問題発生以前に戻す
状況によりPHPの再起動(再設定) ご利用のサイトのサーバー環境や原因と思われる内容により対応方法は変えてください。

WordPress(ワードプレス)で構築しているサイトの場合、プラグインによるサーバー負荷増加でPHPが処理しきれずエラー、という状態になるケースが多そうなので、まずはPHP、プラグインを疑ってみましょう。

原因まったく分からない、サイト運営側で何も操作していない

このようなケースの場合、いたずらに操作すると原因の特定ができずより深刻な状況になる可能性もあるのでサイト管理者、サーバー管理者に連絡しましょう。

WordPressサイトの構築やトラブルのご相談

当社ではWordPressサイトの構築や操作、トラブルのご相談も受け付けております。兵庫県神崎郡(神河町・市川町・福崎町)、姫路市、加西市、多可町、朝来市、宍粟市でワードプレスを使ったホームページの制作やトラブルや更新のサポートをご希望の場合はお問合せください。

【姫路近郊】ホームページ制作やWEBサイト作成なら

余談ですが

ねこさん
ねこさん
当サイトではサイト制作の負荷テストもかねて検証を行っている場合があります。(サーバーのぎりぎりラインが知りたい!)ってことで結構な頻度で「502」が出てしまうのですが「502 エラー」等で検索、当ページ(スマホの場合はAMPページ※Googleサーバー)を見に来られている方が多そうな気配。自身でエラーを出してこのページに誘導しているわけではないんですよー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

うさ(仮)
うさ(仮)
いいものタウンの中のWeb担当。おもにインターネットやSNS、PCのトラブルの話題など。ねこ所長の代わりに記事や情報を発信したりします。