「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」に商号変更

「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」に商号変更

株式会社ジャパンネット銀行は、本日 2020年7月31日に開催の取締役会にて、「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定しました。

なお、本決定は、株主総会における定款変更の決議、関係当局の認可を前提としています。

「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」に商号変更

変更の理由

スマホ決済サービス「PayPay」は、累計ユーザー数3,000万人(2020年6月時点)を突破するなど、多くのユーザーが日常的に使うサービスへと急速に成長しています。

ジャパンネット銀行は、グループ全体での「シナリオ金融構想」のもと、PayPayブランド推進の一環として、PayPayブランドを冠した商号に変更します。

新商号

PayPay銀行株式会社(英文名: PayPay Bank Corporation)

変更予定日

未定(2021年度上期を予定)※正式に決定次第、プレスリリース等でお知らせ

ワイジェイFX株式会社が「PayPay FX株式会社」に

ヤフーは昨年より「PayPay」と強固に連携することで、急速に成長する「PayPay」のユーザーを取り込み、コマース事業の成長を加速させています。

社名やサービス名を「PayPay」ブランドに統一することにより、金融事業を成長させていくとともに、わかりやすい名称とすることでユーザーに日常的にサービスを利用してもらいたい考え。

ワイジェイFX株式会社が「PayPay FX株式会社」に変わります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン兵庫県神崎郡エリアを中心とした地域情報サイト
イベントやグルメ、暮らしなど「毎日がチョット楽しくなる」地域の話題を発信中。サイトでのプレスリリースや広告掲載など情報発信に関わることならご相談ください。