メンバーになって投稿してみよう!
生野銀山の天然の熟成庫でねかせた「シュトーレン」蔵出し式が開催

天然の熟成庫「生野銀山」でねかせた「シュトーレン」蔵出し式が開催

年間を通して平均温度13℃となる生野銀山の坑道内を「天然の熟成庫」として養父市の洋菓子店「カタシマ」が伝統的なドイツのクリスマス菓子「シュトーレン(シュトレン)」の熟成を例年行っています。

18日、2022年度「生野銀山 シュトーレン 蔵出し式」が行われ、3ヶ月熟成したシュトーレンの食べ比べセットの配布などが行われました。

「まわりのお砂糖がシャリっと、中はしっとりして、口の中にフルーツの香りが広がります」と朝来市のポータルサイトあさぶら

生野銀山の天然の熟成庫でねかせた「シュトーレン」蔵出し式が開催

©asabura.jp

シュトーレンの生地には貴腐(きふ)ワインに漬け込んだドライフルーツが練りこまれ、表面にはたっぷりのバターと砂糖がまぶされています。

「生野銀山 シュトーレン」は市内店舗や「カタシマ」オンラインショップで18日より販売中で価格は4,500円(1本)

生野銀山の天然の熟成庫でねかせた「シュトーレン」蔵出し式が開催

©katashima.co.jp

生野銀山蔵出しシュトーレン カタシマ オンラインショップ
蔵出しシュトーレン

COMMENT 追加情報やリクエスト

※記事への追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※匿名、ニックネームでコメントが可能です。メールアドレスは任意ですが返信が必要な場合はご入力ください。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※安全にご利用いただくため、外部サイトへのリンク付きのコメントは編集部で確認の上、公開されます。
タイトルとURLをコピーしました