メンバーになって投稿してみよう!
小林製薬、宍粟市と「包括連携協定」。日本酒や発酵食づくりの現場に「麹」を活かす

小林製薬、宍粟市と「包括連携協定」。日本酒や発酵食づくりの現場に「麹」を活かす

宍粟市と小林製薬株式会社(本社:大阪市)が包括連携協定(以下、本協定)を締結。

双方の保有する資源を有効に活用することにより、「日本酒発祥の地」である宍粟市の地方創生を推進することを目的に締結されたもの。

小林製薬株式会社のもつ抗菌・抗ウイルス性を併せ持った持続性抗菌剤「KOBA-GUARD(コバガード)」の抗菌技術の利用し、宍粟市での日本酒や発酵食づくりの現場に悪影響を及ぼす「不要な菌」への課題解決に向けた取り組みが推進される模様。

小林製薬、宍粟市と「包括連携協定」。日本酒や発酵食づくりの現場に「麹」を活かす

また「長期的な計画として、「国見の森公園」や、「古民家ホテル」などの、宍粟市が保有する多様な地域資源の発展のためにも、KOBA-GUARDの提供や活用を通した支援を行っていきたいと考えております。」と小林製薬株式会社。

COMMENT 追加情報やリクエスト

※記事への追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※匿名、ニックネームでコメントが可能です。メールアドレスは任意ですが返信が必要な場合はご入力ください。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※安全にご利用いただくため、外部サイトへのリンク付きのコメントは編集部で確認の上、公開されます。
タイトルとURLをコピーしました