メンバーになって投稿してみよう!
牧野富太郎ゆかりの植物「アリマウマノスズクサ」が見頃│六甲高山植物園

牧野富太郎ゆかりの植物「アリマウマノスズクサ」が見頃│六甲高山植物園

六甲高山植物園では「アリマウマノスズクサ」が見頃に。

アリマウマノスズクサは昭和11年に、日本植物学の父・牧野富太郎博士により六甲山にて発見、命名された植物で梅雨の時期にラッパのようなユーモラスな形の花を咲かせます。六甲高山植物園では現在見頃で、6月下旬まで楽しめるそう。

スポンサーリンク

アリマウマノスズクサ

山林中に生えるつる性の木本で、花には花弁がなく、長い萼がラッパ状になって口が広がっています。花後の果実が、昔、馬につけられていた鈴に見立てられて「馬の鈴草」と名づけられています。

牧野富太郎

高知県出身の植物学者。生涯で1,500種以上の植物を命名し、「日本の植物分類学の父」と称され、神木隆之介さんが主演の2023年前期NHK連続テレビ小説『らんまん』の主人公「牧野富太郎」のモデルとなっています。

六甲高山植物園 アクセス・基本情報

開園期間~11月23日(水・祝)
休園日6月23日(木)、30日(木)、7月7日(木)、14日(木)
開園時間10:00~17:00(16:30受付終了)
入園料大人(中学生以上)700円/小人(4歳~小学生)350円

※新型コロナウイルス感染症の影響により、営業・イベントの内容を変更・中止する場合があります。

 

COMMENT 追加情報やリクエスト

※コメントには追加情報や質問、レビューなどを任意に投稿することができます。
※コメントは一般公開されますので個人情報の記入はお控えください。
※メールアドレス不要、匿名、ニックネームでもコメントは可能です。返信が必要な場合はご入力ください。
タイトルとURLをコピーしました