身近な話題を投稿してみよう!
ニュース

自治体と民間企業をつなぐ「ローカルハブ」で姫路市の地域力を底上げする実証実験を開始

自治体と民間企業をつなぐ「ローカルハブ」で姫路市の地域力を底上げする実証実験を開始

自治体と民間企業をつなぐプラットフォーム「ローカルハブ」を提供する株式会社クラウドシエンが、2022年05月29日(日)より、兵庫県姫路市と、「ローカルハブ」を活用した官民連携推進事業の実証実験を開始。

ローカルハブとは

自治体と民間企業をつなぐ「ローカルハブ」で姫路市の地域力を底上げする実証実験を開始

・実証実験
・サウンディング
・民間提案制度
・地域活性化起業人
・ショートリスト/ロングリスト
・事業建て付け前/計画策定前 etc.

など行政とお仕事するにあたって利用価値が高い情報を、わかりやすくキャッチし、行政とコミュニケーションが取れるプラットフォームです。

 実証実験に至った背景

日本では、様々な地域課題があります。昨今では、地域課題も複雑化しており、官民連携(PPP)の推進は必要不可欠となりました。姫路市も官民連携を推進する自治体です。

姫路市では、世界文化遺産・姫路城をはじめ、豊かな歴史文化や産業、自然環境に恵まれたふるさと姫路を舞台に、多様な人が、互いの命・くらしをたいせつに想い、支え合って、力強く輝く。そして、播磨の交流拠点都市としての特長を活かし、まちとまちの連携、ヒト、モノ、情報の活発な交流を通じて、世界に誇れるまちの魅力やにぎわいを創出する、持続可能で生涯安心して暮らすことのできる都市を目指します。

姫路市の取り組みの中で、民間企業との連携は必要不可欠です。そこで今回、「ローカルハブ」を活用し、全国の官民連携に関心の高い事業者と姫路市を繋ぎ、より一層効果的に取り組みを進める為に、官民連携推進事業の実証実験を行う運びとなりました。

 実証実験の概要

姫路市とクラウドシエンとの実証実験では、「ローカルハブ」を活用し、「イーグレひめじ」一部区画の利活用についての「サウンディング型市場調査」を公募。
なお、実証実験中の公募案件については、今後追加となる可能性があります。

「イーグルひめじ利活用に関するサウンディング型市場調査」に関して

自治体と民間企業をつなぐ「ローカルハブ」で姫路市の地域力を底上げする実証実験を開始

イーグレひめじは、世界文化遺産姫路城を正面に臨む絶好のロケーションに位置する施設で、公共施設、飲食・物販店などが入居し、文化活動やショッピングを楽しむことができます。

姫路市では、このイーグレひめじの一区画を令和3年4月に取得し、立地優位性を活かした利活用を検討中とのこと。また、あわせて、イーグレひめじ内のレンタルスペースの効果的な活用方法も検討中。

その「イーグレひめじ」一部区画の利活用について、民間事業者の皆様との”対話”を通じて、アイデアや意見等を調査する「サウンディング型市場調査」にエントリーする企業を募集するとのことです。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました