わんぱく教室生、朝来市内でマラソン距離を歩く

9月にシュノーケルを体験したわんぱく教室生。今日は市内で「マラソン距離を歩く」と題して、約40キロを約12時間かけて歩くことに挑戦しました。

朝から冷たい雨の降るなか、午前7時に出発。途中、史跡で朝来の歴史の話を聞いたり、ダムの上から「ヤッホー」と叫んだり、牧場では牛乳を飲みながら牛を見学したりと、いろんな体験をしながら、参加していた14人全員が、一度も車に乗ることもなく、無事、午後5時過ぎに完歩しました!
途中、足が痛くなった友達を励ましながら、気遣いながら、全員で一斉にゴール。お迎えの保護者の方からも拍手が鳴り響きました。

子どもたちの頑張りもさることながら、ずっと一緒に歩かれた方、途中、先回りして危険箇所の交通立番をしてくださった方、昼食の豚汁を作ってくださった方、沿道で応援してくださった方など、多くのボランティアスタッフの皆さんに支えられて実施できた事業でした。

子どもたちにとっても、やればできるんだ!という自信に繋がる1日になったことと思います。
画像・文:あさご暮らし。兵庫県朝来市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付(※jpeg、png、gifはすべてjpegに変換され表示されます)

※コメントは一般公開されます。匿名、ニックネームでコメントが可能です(メールアドレス不要)。個人情報の記入はお控えください。