国内初公開。デンドロビウム マサコ・コウタイシ・ヒデンカ

国内初公開。デンドロビウム マサコ・コウタイシ・ヒデンカ

新天皇陛下が即位され、新たな元号「令和」になった今、記念すべき年に門外不出のラン、デンドロビウム‘マサコ・コウタイシ・ヒデンカ’が国内初公開。

(画像・情報:兵庫県立フラワーセンターさんより)

兵庫県立フラワーセンターとシンガポール植物園は2020年に姉妹提携締結40周年を迎えるのを前に、プレイベントとして両園のコレクションの中から特徴的な植物を選び、維持保全及び展示するため植物交換を行いました。
2019年9月25日シンガポール植物園において、フラワーセンターからシンガポール植物園へ、世界で初めて人工繁殖および人工交配に成功したウツボカズラ類(ネペンテス)2種類を、2019年9月27日フラワーセンターにおいて、シンガポール植物園からフラワーセンターへ、シンガポール植物園が育成したデンドロビウムやアランダなどラン類のオリジナル品種10種類を贈呈しました。
今回シンガポール植物園から贈られた10種類のランの一つに、現在の天皇皇后両陛下が1993年にご成婚されたのを記念して命名した、デンドロビウム‘マサコ・コウタイシ・ヒデンカ’(Dendrobium ‘Masako Kotaishi Hidenka’)があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。