595 views

(開催されました)幻想的な空。第37回市川まつり | 橋本忍生誕百周年記念

2018年7月25日(水)市川町文化センター前で開催された第37回市川まつり。
2018年は市川町出身の脚本家、橋本忍さんの生誕百周年記念としても節目のお祭りとなりました。

連日の猛暑の影響か前線の影響か夕暮れには幻想的な紫色の空も。

オープニング~打上花火までプログラムに沿ってお祭りの様子をどーぞ。

スポンサーリンク

第37回市川まつり

会場へてくてく

オープニング

市川中学校音楽総合部

(打上花火)

(夏祭り)

主催者挨拶

昨年に引き続き2018年も司会は吉本興業所属で市川町のふるさとPR大使を務める「女と男」さん。

市川町岩見町長からの挨拶。

町立保育所・幼稚園 園児のステージ

ヴィッセル神戸イベント

「最初はヴィッセル~」の掛け声で始まったジャンケン大会。賞品をもらえた子供たちは笑顔いっぱい。

今日はひまりんのお誕生日。

市川町役場の方からはひまりんの「ゆるキャラグランプリ」初エントリーについても案内がありました。

ちょっと休憩。

ステージをちょっとあとにして会場をぐるり。棚田LOVER’Sさんの番茶でのどを潤したあとはPIZZA AUTO FERICEさんのフリッタ(揚げピザ)、にゅうにゅう工房さんのアイスクリームを頂きました。

例の炭酸飲料を発見!

ゴルフアイアンの製造発祥の町、”市川町”。IRON(アイアン)サイダー(ゆず味)。アイちゃんアンちゃんがついにサイダーにも。

この日は観光協会さんのブースで販売されていました。

空の様子が。

なんだかCGのよう。

橋本忍映像ショー

7月19日に100歳で亡くなられた脚本家・橋本忍さんの功績や、代表作品などを観光協会さんより紹介。

女と男ステージ

市川音頭総踊り

打上花火

この記事を書いた人

いいものタウン
いいものタウン地域情報サイト「いいものタウン」
いいものタウンは「みんなでつくる」兵庫県神崎郡を中心とした情報サイト。地域のイベントやグルメ、暮らしの情報など、日常のチョット気になる情報をあつめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。