住んでいる町を探検!近くのお店に取材。|まちたんけん|市川町立川辺小学校

まちたんけん

2019年6月20日、お天気もよく汗ばむ日差しの中、市川町立川辺小学校2年生は生活科の授業で「まちたんけん」を実施。
4班に分かれて学区内のJA兵庫西市川支店や、恵(お好み屋さん)、マツモト自動車、ローソンなどへ実際におじゃまして気になったことを取材しました。

班ごとにわかれて探検。

班ごとのコースに分かれての「まちたんけん」。今回はマツモト自動車さんでの様子をご紹介。

こんにちは。よろしくおねがいします。

まちたんけん

気になることを質問

最初はちょっと緊張していたこどもたちも次第に質問。

受け答えもしっかり。車に興味があるのは男の子のイメージがありましたが女の子も予めしっかり質問したいことを書いてきていた様子。

「この車はなんですか?」

「一番人気の車はなんですか?」

「車をつくっているんですか?」

など子供らしい率直な質問にマツモトさんも笑顔。

まちたんけん

お店を探検

初めて見る設備や自動車のオプションにも興味津々な様子。

まちたんけん

まちたんけん

まちたんけん

さいごは元気に

「ありがとうございました」

たんけんの後にお礼のお手紙を頂くこともあるそうでお店では感謝の手紙の内容に感動。お店のことも少し分かったかな?

まちたんけん

全国の小学2年生で導入されている生活科の授業のひとつで自分たちが生活する地域に出かけ、場所を調べたり働いている人々と接することで自分達の生活を支えていることや楽しくしていることを理解し、地域に親しみや愛着をもって安全に生活できることを目的としています。

ちなみに生活科は1989年(平成元年)に改訂、1992年度から小学校第1学年及び第2学年に設置された教科になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。