意外な事実。福崎町辻川「むのじじょう」は100年以上前、○○屋さんだった。

1,304 views

前回のあらすじ

うさ(仮称)
うさ(仮称)
実際、いつぐらいからお店やっているんですか?
古井さん
えーっと明治後期かなー

え、明治後期!?(明治40年※1907年としても110年以上!!)

確かに

店内は昭和の雰囲気の残るカラオケ喫茶店ですが、それでも100年以上と言うのは・・・。

古井さん
ちょっと待っててください

なんだか古い写真がでてきました。

うさ(仮称)
うさ(仮称)
角家旅館(かどやりょかん)?

「むのじじょう」として最近は目にされる機会も増えていると思いますがカラオケ喫茶「むのじじょう」の母体は建物もすぐ横の角屋(食品給食センター)さん。100年以上前は「角家旅館」として旅館業をされていたとか。

ねこさん
ねこさん
角屋さんの前身が角家旅館なんだって。

「銀の馬車道(生野鉱山寮馬車道)」との関連

実際には当時、現在の角屋さんより東にあったそうですが「銀の馬車道」の道筋でもあったこの通り。

日本初の高速道路「銀の馬車道」が開通したのが1876年(明治9年)。1895年(明治28年)に飾磨~生野間が開通した播但鉄道に輸送手段の主力は代わっていくことになりますが鳥取に至る街道と姫路から北上し生野へ至る街道とが交差する物流や文化交流の盛んな地点であった辻川界隈。

1921年(大正9年)には「馬車道」は廃止になりましたが明治後期頃と言われた角屋旅館との関連も興味深いですね。

※角屋給食センター(むのじじょう)さんの店舗前から

(福崎町観光協会さんより)

場所

〒679-2204 兵庫県神崎郡福崎町西田原1235


協賛企業募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。